編集
ムスメミユキ
  • アルベルタフェレッティを着てボルダリングする女性

  • 2019年11月14日木曜日 | カテゴリー:

    アルベルタフェレッティを着てボルダリングする女性

     

    先日北海道に行きまして(2年ぶり2度目)

    以前行ったときに「ここにはもう一度時間に余裕をもって来たい)と思っていた、富良野の「ジェットコースターの道」に行きました。僕はここの景色が好きでねえ、「大自然の絶景」というよりは、大自然とそれを開拓して作った人間の努力のコラボレーションな美しさ、といった感じで、すごくいいわけ。

     

     

    北鎮記念館(屯田兵から第七師団の歴史記念館)に行ったっけ、(ここを開拓するにはさぞかし時間がかかったであろう)と思うのであった。この空間の広大な静けさ。。僕が言ったのは北海道の閑散期であるところの4月と11月なので、シーズン中はどれほどこの場所に人がいるかわからないけど、静かでねえ、流れていく風の音、遠くに鳥の声、かすかに聞こえる軽トラの音が。。が肌寒さの中に神妙に包み込み、「ぼくらの宇宙船地球号」に乗っているような感覚、なんともいえぬ雰囲気です。

     

     

    ジェットコースターの道は「頂点」がラクダのこぶのようにふたつあるんですけど、僕は南側の景色が好きです。

    こちらは北側の風景です。ちょうど日没直前で、夕日を背にして赤く染まる大地、いい感じです。

    これを南側で見たかったけれど〜ああ〜あそこで左に曲がるんじゃなくて右に曲がればよかった〜

    | アルベルタフェレッティを着てボルダリングする女性 | カテゴリー: |
  • 滋賀で一番高い制服を着た女性

  • 2019年10月24日木曜日 | カテゴリー:

    長浜北星高校の制服を着た女性

     

    長浜北星高校は、滋賀県で最も制服が高い高校だそうです(画像のヴェールは含みません)

    ブレザー的であるかと思えば、セーラー服的な襟もあり、独特の発想を持った制服と言えるでしょう。。

    | 滋賀で一番高い制服を着た女性 | カテゴリー: |
  • 鳩と自転車に乗る女性

  • 2019年09月26日木曜日 | カテゴリー:

     

    左上には

     

    「ハンドルを 過ぎて起こりし 渦流の 減りし抵抗 鳩も飛ぶなり」

     

    という、ブランクツーの生体形成バイオカーボン技術によって作られたハンドルについての歌が記されているつもりである。

    前方両側のインテークから取り込んだ空気を、ライダーの両脇に渦流としてはきだし、ライダーの後方にできる乱流にぶつけることでドラッグ軽減を狙ったハンドルである。

    「渦流の」の部分は字足らずだが、これはブランクツー社長のマル・マールが、これまでずっと渦流を「うずりゅう」と読んでいたためであり、間違いに気づくも「もうかりゅうって書けばいいんじゃん?長くしたら収まらないし。」という鶴の一声に作業は進められたが、今にして思えば「このかりゅう」とかでも収まりがよかったのではないだろうか━━━。

     

     

    | 鳩と自転車に乗る女性 | カテゴリー: |
    次のページ  1/134  前のページ |
    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.