編集
ムスメミユキ
  • 文化祭の練習をする女性

  • 2020年06月29日月曜日 | カテゴリー:

    文化祭の練習

     

    ギターを買いました。。

    昔から「ギター」というものに対して、大まかに漠然とした興味をいだいており生きてきました。

    (でもなあ)

    ギターを買ったところで、何をするでもないしなあ、バンドを組むつもりもないし、そもそも楽器というものは昔から苦手だし(というか真面目に向き合ったことがない)なあ、と躊躇し続けて約四半世紀。

    この新型コロナさんの影響による自粛生活、家で何をするでもなく、失われた「新しい刺激」をあの手この手で模索し、悶々としている中で、「やっぱりギター触ってみたい欲」が沸々と湧き上がる。

    ちくしょう!ギターを触って死ぬのか、触らずに死ぬのかよ!!

    ということで買いました。

    ヤマハのパシフィカさんです。

    もちろんギターのお値段はピンきりですが、初心者におすすめで結構ちゃんとしてるやつ、ぐらいだとそんなにしません。

     

     

    ギターの先生はYouTubeです。Rickeyさんにすごく丁寧にわかりやすく教えていただいてます。

    なんでこの方は誰にも分け隔てなくこんなにわかりやすく丁寧に教えてくれるんでしょうか?

    聖人かなにかでしょうか?

    この人にならいくらでも広告収入が行っても構わない!

    人生で初めて楽器というものにちゃんと向き合う日々はなかなか刺激的で、脳の使ってなかった部分を使っている感がありありでした。特に弦を押さえる左です。いままでこんなに左手に意識を集中したことがないわけで、おかげで右脳が活発化し、イマジネーションが3%上昇しました。

     

    Cコード!

    ジャーン

     

    Eコード!

    ジャラーン

     

    Fコード!

    ベベベン

     

    Aコード!

    ジャーン

     

    Bコード!

    ビビン

     

    ねえ。

     

    コードが一回きれいに鳴るだけでも大変満足(買って2週間が経ちました)。

     

    ギターを弾き始めてわかったことですが、いわゆるギターを弾く上での基礎となる「コード」。

    基本的なコードだけでも、500種類はあるという!ハー!なめてた!500!1日1個覚えたとしたら、2年弱かかる計算です!はー!

    酒やクスリに溺れ、自暴自棄になり、自堕落な生活を送り、ギターを叩き壊したり、顔を黒く塗っておぞましいマスクをかぶったりしてても、あの人らコードをちゃんと覚えたはる。もちろんギターはコードだけ知ってればいいものではありません。ポロポロピロピロと1弦づつ鳴らしたりすることもあるわけですから、それも覚えなければなりません。チューニングもちょっとずれてるだけでもコードは不協和音になるから、毎回合わせます。

    (ああ見えて、あの人らもきっちり真面目にやったはる)

    ギターを実際に触ってみたからこそ感じる、きずきと言えるでしょう。。

     

    | 文化祭の練習をする女性 | カテゴリー: |
  • 医療従事者の女性

  • 2020年06月01日月曜日 | カテゴリー:

    医療従事者の女性

     

    みなさんはアベノマスクはもう届いたでしょうか。

    そうです、このコロナ禍の、国としての対策のひとつとして打ち出された、「一家に二枚」配られた、布マスクです。布マスクは布マスクでも、小学生の給食当番がしているような、ちゃちいやつです。

    (まさか科学大国だと言われた日本がウィルス対策として給食当番マスクとは)

    と日本人全体の自信を少し下げたあのマスクが、自分にも先日届きました。

    アベノマスクが正式に発表された時分には「へっへーん馬鹿じゃないの、届いたらどんな馬鹿なことしてやろうか」などとイキっていたのですが、そのイキりも時とともにだいぶ収まり、市場には普通の価格のマスクを見るようになり、忘れた頃にポストに入っていたアベノマスクを手に取り、(届いたか)と神妙な気持ちで頷いたのでした。

    というのも、ちょうどアベノマスクが届くちょっと前ぐらいに、ツイッターで「アベノマスクに絵を書いてやったぜ」というイキりツイートに、「医療現場の最前線でマスクが足りない言いながら俺たちが頑張ってんのに、お前は安全な場所からレジスタンスごっこか、お前の名前忘れないからな」的な引用RTをされていたのを見て(シュン)として、この非常にセンシティブな状況下において、限りなく無駄に近いアベノマスクであっても、そう適当に扱えないな、少なくともSNSとかでイキってシャシャってスベっとる場合ではないな、と思った次第です。

    人類が初めて直面したと言っていい未曾有の大感染。そりゃあとから考えれば、ああしたほうがよかった、こうしたほうがよかったのに、と言えるのかもしれませんが、いま私達は国が自分に何ができるかを問うのではなく、自分が国に何ができるかを問うときなのかもしれません。

     

    | 医療従事者の女性 | カテゴリー: |
  • ドレスを着て掃除する女性

  • 2020年05月19日火曜日 | カテゴリー:

    ドレスを着て掃除する女性

     

    ゴールデンステイホームウィーク!

    ねえ。

    ということでね!

    この暗黒のゴールデンウィークはみなさんどのように過ごされたでしょうか。

    僕なんかは大掃除をしました。

    「年の真ん中ぐらいに大掃除をしたら年末の掃除が楽なのではないか?」と思い続けて幾年月、どうせどこに行く予定もないダークウィークだから、これはいい機会、とやってみることにしました。

    で、やってみたら、どうも汚れというのは夏から冬に向けて付くのか?といった具合で、そんなに汚れているということもなく、どうにも拍子抜けする感じで終わり、2、3日かけてやるつもりが1日とかで終わっちゃって、ジッと座ってNHKBS1のドキュメンタリー大アマゾン最後の秘境を見続ける事になりました。昼から夜までずっとアマゾンですよ。

    広大なアマゾンの映像を見ながら、(この達成感のなさは何であろう)と虚無感を感じていました。あの、年末の大掃除後の、なんだか心が洗われたような、スッキリした達成感を求めて、歯ブラシで風呂の細かいところを磨き、窓も拭いたというのに━━━思うに、「大掃除」というのは、「年末」にやるからいいもののなのでしょうね。「新たな年をいい気分で迎える」ために、「できる限り今年の汚れを落としたのだ」という「事実」が必要なのです。そこいくと、突き詰めて言えば「どの程度できたか」「計画的に隅々までやったか」という達成度は関係なく、「できる限りやったぞ」という事実が欲しいのかもしれません。

    | ドレスを着て掃除する女性 | カテゴリー: |
    次のページ  1/137  前のページ |
    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.