編集
ムスメミユキ
  • アウトレットモールでトイレを待つ女剣士

  • 2018年04月02日月曜日 | カテゴリー:

     

    今年の初め、早朝のコインランドリー、両手に毛布を抱えたミユキさんは凍結した路面に脚を滑らせ、

    立てた鉛筆が倒れるかのように、受身を取ることなく真横に転倒、あばら骨を強打した。

    やったわ、これはあばら骨をやった。

    少し咳き込むだけであばら骨が痛い、くしゃみをしようものなら5分は激痛にもだえる日々。

    そんなわけで休みの日も外に行くテンションにもならず、かといって何をしないで日々を過ごすのももったいないので、

    あっそうだ、映画を観よう。

    あまり活用していなかった、アマゾンプライムビデオで、タダのやつを観まくろう。ということに思い立った。

     

    ということで、これまでの人生でないぐらいに映画を観まくりました。これがのちの「あばら骨映画祭」である。

    僕は映画というと、たとえば遊園地のアトラクションであり、ドカンバコーンといった感じの派手なやつしか見なかったのですが、今回はなぜかヒューマンドラマ系にも興味を持ちました。大体は「ジャケ見(タイトルや画像で選ぶ行為)」で選んだが、アノー、イヤー、映画ってほんと素晴らしいですね、

    映画というのは、ほとんどがフィクションであるものの、2,3時間の長さに切り貼りされた「人の人生」だ。

    人の人生━━━映画は多くを経験として教えてくれる。

    去年の終わりごろから僕の心に深く頭をもたげていた暗い霧は、僕がたいそうに悩んでいたことはそんなことだったのかと、いくばくかの失望と、いくつかの嘲笑を持って、すっかりと晴れていった。ありがとう映画。

    そう考えれば、僕があばら骨をやったことも、そう無駄じゃなかったのかもしれない。あばら骨を折らなかったら、もっと長い間悶々としていたに違いない。

    人生に無駄なことなんてあらへんのやなあ。。

     

    ということでなにかの記念なので(なんの)、あばら骨映画祭で観た映画をここに記す。

    〇か×かは「見終わった後いい気分だったか」であって、「いい映画だと思うか否か」というとちょっと違うし、「好きか嫌いか」でもないでしょうね。。

     

    ○ポリスアカデミー

    ×雷桜

    〇カンフーパンダ2

    〇コロラインとボタンの魔女

    ×野獣死すべし

    〇コープスブライド

    ×キャロル

    〇ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険

    ○ 南極料理人

    ○ 宇宙人ポール

    ○ ホットファズ俺たちスーパーポリスメン

    × 息もできない

    ○ セッション

    × 私を見つけるための1600キロ

    ○ 大統領の執事の涙

    × ムーンライズキングダム

    ○ ONCEタブリンの街角で

    ○ 500日のサマー

    ○ マイブルーベリーナイツ

    × ブルージャスミン

    ○ ミッドナイトインパリ

    ○ キックアス

    × イブサンローラン

    ○ ワイルドスピードスカイミッション

    ○ スクールオブロック

    ○ タイピスト!

    ○ 人生スイッチ

    ○ ニューヨークの眺めのいい部屋売ります

    × 親切なクムジャさん

    ○ 最強のふたり

    × ホームアローン

    ○ 空飛ぶペンギン

    ○ ビッグフィッシュ

    × ショーシャンクの空に

    ○ 猟奇的な彼女

    × パッセンジャー

    × 夢

    × 最高の人生の終わり方

    × 世界一嫌いなあなたに

    ○ 英国王のスピーチ

    × ニューシネマパラダイス

    ○ ダージリン急行

    ○ スタンドバイミー

    ○ スタンドバイミードラえもん

    ○ マリーゴールドホテルで会いましょう

    ○ イエスマン

    × きっと、うまくいく

    ○ ブルースブラザーズ

    × アダムスファミリー2

    ○ アダムスファミリー

    × ベンジャミンバトン

    ○ エクスマキナ

    ○ オーケストラ!

    | アウトレットモールでトイレを待つ女剣士 | カテゴリー: |
  • 2018年描き初めの女性

  • 2018年01月14日日曜日 | カテゴリー:

     

    はい

    こちらが2018年描き初めとなりますっ。

    リームアクラを着てシクロクロスする女性。富士山が縁起がいいですね。

     

    まずは無事に2018年を迎えることができてうれしいです。

    今年は年を越さぬかも知れぬとか思った日もありました。。

    この絵はやはり去年の暮れぐらいから考えていたもので、

    (もろに写真をトレースして描いてやろう、描きにくいんだよ自転車。。ざまあみろ。。)

    (これからはトレースの時代よ)

    と勇んでトレースしたものですが、楽しくない。

    写真をトレースして描くっていうのは楽しくありません!

    全然僕の性に合いません!僕には紙が破れるぐらいガリガリ試行錯誤する描き方が合っているようです。

    下書きの段階から全然楽しくないから、それ以降、何も楽しくない。色を塗っても楽しくないし、字を書くときもノりません。

    (もうこれはやめて別の絵を描こう)

    (いや、新年一発目から挫折とは縁起が悪い、描き終えろ。。)

    去年も同じようなこと言っとったんじゃないかワシ。。

    となんとかウジウジ描き終えることができました。

     

    描いてある文字は初詣で引いたおみくじに書いてあった文字であり、なんら文学的なものではありません。

    ここ数年ずっと凶であった立木観音のおみくじ、今年は吉でした。

    「これまでのことは考え直しんさい」

    「山を越えればええことあるけえ」

    「外に出たらいろいろあるよ」

    「ぼろもうけじゃけえ」

    的なことが書いてあります。

    こいつあ春から縁起がいいや、しかし浮き足立たず、しっかりと未来を見据え、

    一歩一歩確実に、2018年が良き年になるように精進してまいります。

     

    2018年はもう二度とトレースはしません!

    | 2018年描き初めの女性 | カテゴリー: |
  • 2017年描き納めの女性

  • 2017年12月29日金曜日 | カテゴリー:

     

    2017年が終わります。

    いくつかの血液型占いや星座占いによると

    2017年はわたくしミユキの飛躍の年となると示唆されていましたが

    確かにいろんな意味での飛躍がありました。

    ありがとう2017年

    この野郎2017年

    さよなら2017年

    好きだったよ2017年

    あんた悪いやつじゃなかったよ。。あばよ。。

    | 2017年描き納めの女性 | カテゴリー: |
  • 2018ミユキ自転車カタログ

  • 2017年12月29日金曜日 | カテゴリー:

     

    ハッ

    今年のミユキ自転車のカタログの表紙(と称する絵)を描いていない!

    とがんばって描きました。

    全国に3人いるミユキ自転車カタログファンの皆さんをガッカリさせることなく新年を迎えることができてうれしいです。。!

    | 2018ミユキ自転車カタログ | カテゴリー: |
  • バスを待つニキヤ

  • 2017年12月14日木曜日 | カテゴリー:

     

    これは5月に描いた絵です。

    バレエのラ・バヤデールに出てくるニキヤがバスを待ってるなんて。。!しかも京都の。。!

    というシュチュエーションの絵です。

     

    もう12月だけど!

    5月って!

     

    最近はお風呂でset it all freeをまた歌っています。

    ちょうどこの絵を描いていた頃、お風呂で歌っていた曲です。

    ということで年末だよ!いもむそ歌合戦!

    ミユキさん2017年!この曲!を始めます!イエーーーーーー!

     

    ☆Let it go/ Idina Menzel

    ☆Another day of sun/ la la land

    ☆千利休/ 水曜日のカンパネラ

     

    1月から3月にかけて、なぜか歌詞を覚えてやろうと思って必死で聴いていました。

    風呂につかりながらこれらを何度も歌うのが日課でした。

    ちなみにこの時点でアナと雪の女王もla la landも見てません。

     

    ☆Set it all free/ Scarlett Johansson

    ☆I'm still standing/ 大橋卓弥

     

    4月には初めてのひとり海外旅行、韓国に行きました。

    不安と高揚感の中、行きの機内で見た映画SINGは、僕にとってとても思い出深いものとなりました。

    関空の離陸待ちが長かったおかげで、韓国までのフライトで全部見ることができました。

    ちょうど映画のエンディングのタイミングに、金浦空港周辺の町並みが眼下にせまる頃で、映画の感動と、ひとり海外の感動で、涙したことを覚えています。

    2曲ともSINGの挿入歌ですが、僕が見たのは日本語吹き替え版であり、そこいくとset it all free も長澤まさみバージョンですが、事務所かなんかの関係でしょうか、itunesにないので、しかたなくヨハンソンさんのset it all freeをダウンロード。しかし、これがまたかっこいいですね。。

     

    ☆鱗/ 秦 基博

    ☆we will rock you/ Keiko Lee

     

    5月から6月にかけてよく聞いていました。

    「鱗」はこの頃よくラジオから流れておりましたね、

    深夜2時3時、夜道をウロウロしながら聞くこの2曲、初夏といえども薄着には肌寒い、そんな皮膚の感覚を思い出します。

     

    ☆Losing my religion/ Glee cast

    ☆Go your own way/ Glee cast

    ☆Time Warp/ Glee cast

     

    7月から9月にかけては、夜に海外ドラマgleeを見ることが楽しみでした。

     

    ☆The scientist/ Glee cast

    ☆All of me/ Glee cast

     

    9月から10月はこの曲が脳内、室内両方で一日中流れ続けました。

     

    そして今はまたset it all freeですね。

    ということで

    2017年いもむそ歌謡大賞に輝いたのは

    set it all free

    となりました!

    おめでとうございます!ヨハンソンさん!なにか一言!

    なにか一言くださいよヨハンソンさん!

    ちょっとすいません!

    すいません!

    ヨハンソンさん!

    すいません!

    いつまでだんまりを決め込むおつもりですか!

    相撲協会からの要請は受けないつもりですか!

    ヨハンソンさん!?

     

    。。。

     

    いまこれを書きながら、これらの曲をあらためて聴いたりしていますが、

    本当に、その時の情景や、考えていたことが五感で蘇るようです。

     

    音楽ってほんとうに素晴らしいですね、また来年も色々聞けるといいですね、

    海外旅行にも行きたいですね、台湾行きたいですね、イギリス行きたいですね、

    さよなら、さよなら、さよなら。

    | バスを待つニキヤ | カテゴリー: |
  • フェンディを着た女性

  • 2017年10月21日土曜日 | カテゴリー:

     

    最近のミユキさんは実在する服を使って、そこに何かを足したりするのが好きじゃないですか(知らん

    したら、どうせだったら、やっぱり最新のモ〜ドを取り入れたいじゃないですか、そこで最近思うんですけどね

     

    最近のモ〜ド界はよくないですよ!

     

    ということですね。

    あまり僕の琴線にふれるデザインの服がないですよ〜!しっかりしてください。

    「あっこれかっこいいな」と思っても、細かい模様とかの服が多いですよ〜!

    細かい模様が多かったら描きにくいでしょ〜!

    困るんですよ〜!そういうデザインは!

    ねえ!

    シンプルでかっこいいデザインが多かった2015年とか2014年はよかったよ

    みんなイカしてたよねえ。

    細かい模様とかねえ表現しにくい素材の布を使うのはねえやめなさいとねえ

    言ってやりたいですよカールラガーフェルドとかに。。

    本当にしっかりしてください。。

     

    | フェンディを着た女性 | カテゴリー: |
  • フェンディの服を着てポルダリングする女性

  • 2017年09月20日水曜日 | カテゴリー:

     

    4月の終わりに描いた絵です。

    当時の僕はボルダリングに惹かれており、ああでもないこうでもないと考えておりました。

    鍛え抜かれた身体の美しさと、足場の不安定さが生み出すsとeとxとyの曲線はまさにセクシーです。

    探せば探すほど美しいポーズの数々、ウーンウーンとうなるミユキ、

    魅力的なポーズはたくさんあるものの、やはり服が描きたいじゃないですか、したらやっぱりこうなっちゃうじゃないですか。描いててあまり楽しくなかった。

    背景に合成されているのは初めての海外一人旅、韓国からの帰国の便の窓から見た天上の世界です。

    (こんな高いところを背景に、ボルダリングする女性のあやうさって萌えるやん。。)

    (フェンディの服を着たらおもしろいかもしれん)

    (まさかドレスでポルダリングはしまい)

    (こういう意外性がムスメミユキのおもしろいところよのう)

    この後に襲ってきた嵐の中、アトラクションのように揺れる機内で、残飯のような機内食を食べながらグフフと妄想を重ねていましたら、

    現実世界ですでにやっとった。

    キム・チャインという韓国のプロクライマー。

    リード(とにかく登る競技)では世界で圧倒的な強さを持つらしい選手、

    ボルダリング(短くて難しいところを時間と正確性を競って登る)でもそこそこの活躍をして、

    偶然にもなんかの大会で、イマジネーションあふれる突拍子もない動きをしてミユキさんをきゅんとさせた選手であった。

    韓国め!

    キムチャインというと、キムジソというやはり韓国の人がすごくかっこいい絵を描いていた。

    韓国め!

    そんな記事を、9月も終わる今、今年2度目の韓国旅行の帰りに書いていました。

    予定していた便は日本上空を襲う台風のため欠航、初めて空港で一夜を明かす、貴重な経験をした旅でした。

    | フェンディの服を着てポルダリングする女性 | カテゴリー: |
  • 雨の中スプリントする女性

  • 2017年08月25日金曜日 | カテゴリー:

     

    3月に描いた絵です。
    タイミングを逃し数ヶ月の間を置いてアップすることは、僕にとってさして珍しいものではないけれど。
    (そういえば)
    と思い出す。
    今年の元日、実家の布団の中でツイートした今年の抱負は「結婚する!」だったと記憶している。
    当時そのような相手はいなかったし、結局のところそれは
    人と付き合う自信を持てる収入を得ることができる会社に転職する」とか
    「絵の仕事がバンバンきて、やはり人と付き合う自信が持てますように」という、
    曖昧で、無責任で、特に意味のないものだった。
    ずっと想っている人はいたし、「そろそろ行動起こせよ腰抜けいもむそ!」という気持ちも少なからずはあっただろう。
    (思えば妙なものだ)
    と自身の今の状況を見る。
    (人生とは何があるかわからないものだ)
    元日の自分は、今のこの状況を予想だにしていなかった。
    それどころか、4ヶ月前の自分も今のこの状況を予想だにしていなかった。
    (1ヶ月前の自分もこれは想像できなかったのう)
    とてもつらくて、とてもしあわせな数ヶ月間。
    僕の人生の中で、昂然と輝き、燦然と突き刺さる、重い数ヶ月間になるだろう。
    選択することは難しく、自ら好んで間違った選択をする人は、僕を含めて、たぶんいない。
    正しい選択かどうかを悩むことはできても、
    結局のところ、明日のことは、希望や夢を背負って足を踏み入れる明日にしかわからないのだ。
    それは絶望ではない。わからないまま生きて行く。
    人生はなにが起きるかわからない。
    それは希望でもあるなあ、と深い深いため息をつく。
    | 雨の中スプリントする女性 | カテゴリー: |
  • 花柄のワンピースを着て自転車に乗る女性

  • 2017年05月08日月曜日 | カテゴリー:

     

    先日のジロデイタリアを見ていて

    「グライペルって中央分離帯のとこでトラブってる印象があるなあ」

    とひとり考えていて

    そういえばおおよそスプリンターというのは運というのも重要なポジションであるなあ。

    山岳系や総合系なら、多少のトラブルはいくらかの犠牲を払って取り戻せる可能性はあるが、

    スプリンターというのは終盤の勝負どころでトラブったら、最高速度に達している集団には追いつけず、その日のレースはもうそこでおしまいだ。

    そのようなシチュエーションの中で、たとえばグランツール、

    20日の間でいくつかあるスプリントステージをいくつも獲っていくような選手、彼らはきっと相当な運を持っているに違いない。

     

    姓名判断したらきっといいに違いない。

    家も風水的に優れているに違いない。

    家を見るべきなのかレース中泊まるホテルを見るべきなのか。

    毎日変わるホテルが風水的に優れ続けているに違いない。

    ウフフそんな偶然が続くこと自体がすでにラッキーであるドゥフフ

     

    彼らの近くにいたら自分の運気も上がるかもしれん。

     

    「本来ならエース並」と言われて「運のいいエース」をアシストし続けた選手が独立したら急にさっぱりになるのは、

    その運気から離れたからではないか。

    たとえばグライペルである。

    フフフ

     

    見えたぞ。。

     

    ゴールデンウィーク明けの仕事中そういうことを考えていましたけどね。。

    | 花柄のワンピースを着て自転車に乗る女性 | カテゴリー: |
  • マリアローザを着る女子高生

  • 2017年05月04日木曜日 | カテゴリー:

    マリアローザを着る女子高生

     

    いよいよジロ(ジロデイタリア)が始まります。

    今年は記念すべき100回記念だという!

    いつもならJSPORTSに照準を合わせ「最初の2,3ステージぐらいは録画しようかしら」ぐらいのものですが、

    今年はそうではありません。

    ダゾーンが放送権を取ったんですね、よりによって100回記念に。。

    もちろんいろんな媒体というか、いろんな方向から、いろんな形態で、

    たとえば野球をNHKでやったり民放でやったりJSPORTSでやったり、

    クソまじめな実況解説だったり、人気アイドルを呼んできてその辺に座らせといたり、

    そのようなことは、なんだかんだいって競技の発展と周知という意味において意味があるものと考えますが、

    今現在の「ジロを楽しみにしている」自転車ファンのテンションというのは

     

    「ジロの放送があるみたいでよかった。。」

    「日本語の実況解説ないと思ってたら、あるみたいでよかった。。」

     

    ダゾーンが往年の自転車ファンの(悪い)予想を裏切ることはあるでしょうか。

    100回目のジロデイタリア、日本でもその存在は語り継がれる大会になりそうです。

    | マリアローザを着る女子高生 | カテゴリー: |
    次のページ  1/16  前のページ |