編集
ムスメミユキ
  • 2012 経済産業大臣旗ロード ユースチャンピオンシップ

  • 2012年09月26日水曜日 | カテゴリー:写真等


    というわけで

    経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ2012

    に行ってきました。
    大臣まで出してきて何やらすごそうなこのレース、まあほとんどいつもの実業団のレースなんだけども、
    去年までは修善寺のCSCで行なわれていたこのレース、
    今年は全日本も行なわれたところでおなじみの広島中央森林公園で行なわれるというので、
    最近ロードレース見に行ってないじゃないの、TOJ大阪ステージから見にいってないじゃないの、見に行かなくていいの?
    行きたい!見に行きたいです、行こう!ということで行くことにした。


    吉備サービスエリア(下り)にいらっしゃった桃太郎さん一派。顔色が悪いのにぎょろりと見開いた目はまさに妖怪

    金曜日の夜に出て、吉備SAで車中泊をしました。
    当日朝早くに出ても間に合うといえば間に合うのですが、車中泊がしたかったのです。
    深夜のサービスエリアでアイスを食べたり、早朝のサービスエリアで歯を磨きたかったのです!
    夜のサービスエリアがもつ独特の雰囲気がたいへん好きで、暗闇の中に忽然と現れるきらびやかな不夜城サービスエリア。
    まばゆい光の中中に入るとけだるい感じの店員がぼやぼやと仕事をしている!この神秘感!
    車の中から建物の光の中に入っていく人々を見るのも好きです。
    全員が旅の途中。。。どこへ向かうのか、どこへ帰るのか、などと見ていると妙な胸の高鳴りを感じます。



    この経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップというのは今年で46回目をむかえる歴史ある大会なんだそうでして、
    難易度の高いレースでポイント配分もいつもより高いし、やはり特別感あるレースでは勝ちたいというのがチームの心情、
    いつもは海外をメインにしているようなチームも来たりして日本トップクラス、5本、いや10本の指には入る大きなレースです。
    そして今年からはそれと併催して

    第一回ジュニアユースチャンピオンシップ
    第一回女子チャンピオンシップ


    が行なわれるっていうからさあたいへんです。



    さあそのジュニアユースチャンピオンシップが始まりました。
    ジュニアユースというのはいわゆる中高生ぐらいの年齢のヤングアダルト世代です。
    上位のカテゴリーに普通に参加しておる選手もいる!



    っていうわけでこの瞬間がよかったですね
    ジュニアユースのレースがスタートした瞬間に飛行機が飛んできたという!
    世界へ飛び立つのです少年たち!といわんばかりです!まあこれは着陸する飛行機ですが。。。
    もうちょっと飛行機が下だったら、と思いますがそれだと墜落してしまいますよ。
    一枚の写真のために何百人もの命を犠牲にするわけにはいきません。(まじめに言われても。。。)
    ここ広島のレースは以前も書きましたとおり隣に滑走路があるので離発着する飛行機がすぐ近くで見られます。しかも結構大きめのが結構頻繁に!



    レースがスタートすると関係者たちはおのおのの拠点に戻ったりサポートの準備を始めます。
    ウム!純粋なただの観客は少ないこの感じ!ウム!これこれ!



    ホームストレート上にずらりと並んだ各チームの車。
    ここで補給の準備をしたりローラー台で自分が準備したりするのだ。
    このバンの多さ。
    奥のほうに出走サインかなんかに向かうこの後の女子のレースに出る西加南子選手の姿が見える。



    ジュニアの先頭集団。
    キャノンデールスペースゼロポイントの岡さんの手が先頭でハンドルに手をやっている小林海(マリノ)さんの後ろにちょっと見えますね。
    この人はP1でも走っているのだという!
    この集団だと5人が他のカテゴリーで同時エントリーしているらしい。よく走りますねえ。
    陽炎の感じがいいですね。



    追走集団



    第二追走集団
    アイトアイトー( ´・ω・`)=3



    飛び立つのです!それへ行くのです!



    この水色ジャージがアクアブルージャージといってジュニアユースの総合一位の人が着るジャージです。
    みずみずしくてさわやかな色ですね。



    そのアクアブルージャージを着る雨澤選手はブラウブリッツエンといういわゆる栗村監督でおなじみ宇都宮ブリッツエン、
    そうあの赤いチーム、稲妻の。。。あれの育成チーム所属なのです。
    雨澤 毅明。。。来年は受験でレース出場は難しいらしい、覚えておいてやろう。。。





    あとこのレースでは売店が出店されていてよかった。飲み物やおにぎりやお弁当などが売っていました。
    ボンシャンス飯田の人が大量に食べ物を買っていて、店の人が
    「ああっよかった売れたっ今日の晩御飯にするかと思っていたところだったのだっ」
    と喜んでいた。
    アイスも売ってるんですよアイス!
    こんな何もないところで氷という現代技術の恩恵を受けられるなんて
    なんてすばらしい。。。



    そしてユースは先ほどの先頭集団のままゴールスプリントへ



    きたっ



    うーッ



    オーッ

    ナイスガッツポーズでました!
    あー見た、久しぶりに理想的なすばらしいガッツポーズを見た思いです。
    これはかなり高い得点が出るんじゃないでしょうか(ガッツポーズ評議会で)
    後ろの皆さんの表情もいい、出し切ったがダメだったくやしいこの野郎感があってたいへんいい、
    足りないのは背景をうめつくす観客だけ!
    勝ったのは小林海(マリノ)選手、マリノマリノいうからなんだと思ったら、
    ゴール後英語ではないことまではわかる言語で迎えられていたからハーフとかかしらん。



    そしてもうユースのレースはないので?アクアブルージャージ獲得が決定した?雨澤選手(17)、
    ブラウブリッツエンのお兄さん(20歳以上)たちにほめられる。



    「低いな、このテント低いな、日本人にはちょうどいいのか」
    「いや日本人にも低いししゃがんでるし。」
    「しかしこの低さ超受けるwww」
    「帰ったら中間テストの勉強しなきゃ。」
    「お前今そういうこと言うなよ。」
    「インタビューしていいかな?」



    ハイ!ウム!常人なら寂しさでつぶれてしまうであろうこのただの観客の少なさ加減!
    チャンピオンシップ!
    こんなことでへこたれるほどレース観戦暦は短くないのだぜ!



    いい笑顔じゃ〜!
    小林海(マリノ)さんは今後すばらしいガッツポーズを量産していってもらいたい。



    ジャージを獲得して鼻高々、天狗になっています、天狗です私はといった感じの雨澤選手。



    皆さんお待ちかね
    これがレース運営を支える電源だ!
    思えば何もない草原にぽつんと存在する電源さん、不思議。。。どうなってるんや地下。。。

    次は第一回!女子チャンピオンシップ!

    続きを読む

    | 2012 経済産業大臣旗ロード ユースチャンピオンシップ | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>