編集
ムスメミユキ
  • 2012‐2013 関西シクロクロス 第1戦 日吉 CM1 CL2

  • 2012年11月04日日曜日 | カテゴリー:写真等


    ということで

    あけましておめでとうございます

    ということで
    日本各地では大なり小なりすでにいくつかのシクロクロス大会が開幕しているようですが

    関西シクロクロス開幕戦!鹿糞ランド日吉

    に行ってきました。鹿糞ランドなどという名前ではありません。「府民の森ひよし」です。
    この日吉のコース。それはもうそこら中に鹿の糞が散乱していることで有名で、鹿の糞を踏むのか帰るのかどちらかしかないといった様相
    鹿の糞はお食事中の方もいるかもしれないのでアップしませんが
    糞糞糞、見渡すかぎり糞、糞、糞。。。
    そこまで糞を繰り返すなら写真で説明した方がまだましなのではないか。

    シクロクロスという競技のシーズンは今の時分から大体春先にかけてといった感じで、
    開幕戦で久しぶりに顔を合わせた人々は
    「アアー(シーズンが)あけましておめでとうございます、どうぞ本年もよろしくおねがいたします。。。」などと
    いい大人がちょけよるわけですけど



    朝8時にはシクロクロス好きのみなさんがこうしてたくさんお集まりになられました。
    自転車も早々に出してやる気満々ですね。
    朝日と、土と草のにおいの冷たい空気、
    シクロクロスシーズン始まったなあなんて思うわけですけど



    などという話が聞こえてきたり



    ああーやばい、
    いやだなあパンクするのは嫌だなあタイヤの替え持ってきてないし
    いやだなあとウロウロしながら思っていたら



    ああ〜
    とお腹が痛くなりトイレに駆け込むミユキさん。
    この日吉はきれいなトイレが各所に点在し、トイレには困らない、いいコースとなっております。


    緊張感あふれるスタートライン

    開幕戦、関西シクロクロス12-13シーズンのオープニングを飾るのはCM1(40歳以上上級者クラス)のレースとなっております。
    これだけいて前を向いている人がひとりもいないという!


    スタート!

    去年のCM1総合優勝大河内選手(水色のジャージ)と
    その隣には今年も関西シクロクロスの象徴的存在となるか、
    ニョロニョロ巨匠佐野選手(ヘルメットにニョロニョロがある)がスタートダッシュを決める!




    ちょっと向こうにグワッといってギャッ バッときたら大河内選手が先頭、
    その後ろから今年も年中半そで半パンなのか今年は長袖を着るのかブイグテレコムのヘルメットの健康丸畑選手が追従する。
    このような草原など「マウンテンバイクのようにエクストリームすぎない」ぐらいの荒地を走るシクロクロス。
    文字通りロードレースとマウンテンバイクの中間といった感じの競技です。



    CM1と時差スタートのCL1(女子トップカテゴリー)は\関関同立/福本選手と上田選手がスタートで抜き出た!
    朝日に向かって走っていくこの直線、それへ行くのです!



    向こうのほうをガーッと回ってきたら
    関西シクロクロス名物「中途半端な高さの障害物が長い距離に並ぶ」福田ステップ。
    これぐらいの高さなら乗ったまま越えていく人もいますが、
    今回のこれは去年と同じく登り基調の場所にあるので、ほとんどの人が降りて通過。
    しかも去年の同じように「先に行くほど間隔が広くなっていく」という「できるだけ走らせてやろう」というコース設営者の汚い心が垣間見えます。
    「C1(男子トップカテゴリー)からの天下り組」景山選手と天下り組からCM1を守る大河内選手が先頭をあらそう。
    この「40歳以上」という制限のカテゴリー、
    「もう40いってるから」と速い人が続々と流れてくる激戦グループなのだ。



    シクロクロスで他の自転車競技にはそうない要素がこの「飛び乗り」です。
    上記のような人工的な障害物や荒地はバイクから降りて走ることがあるこのシクロクロス、
    この「走りながらバッと乗る」技術が上手か下手かで、へたすると5秒以上は開いちゃうんじゃないかしらという重要な要素でありましょう、
    「加速するために飛び乗ってる」のか「飛び乗ってるだけ」だけなのか、シクロクロスの見所でもありますね!
    シクロクロスの本場ベルギーのトップ選手とかだと、
    「下半分を隠したら降りてまた乗ってるのがわからない」ぐらい非常にスムーズでかっこいいです。
    JSPORTSで今年もシクロクロス中継やりますね!見なさい!
    簡単そうで意外とできない。股間を強打したりサドルでカンチョーくらったりするのですよ。
    ペダルもロード用のガッチリ系のものではなく「外しやすくてつけやすい」物が使われていますね。



    一周目から独走状態に入る福本選手。
    この小さな身体からは想像できないパワフルな走りで女子シクロクロス界上位を走り続ける。
    世界選手権にも行ったことがあるのです!
    今年はロードでは結構いい感じっぽい福本選手、シクロクロスでも強さを見せられるか。



    そういうのを見ながら僕はビールを頂きます。ありがとうございます。
    本場ベルギーでは観客はたくさんビールを飲むということになっているので、別段おかしなことではありません。
    コース上にはビールのコップが散乱しているのが本場のシクロクロスの情景のひとつであり、
    日本にもそういった文化を広めていきたいと、別に飲みたくもないビールを飲むわけです。
    本物のビールは高いので第3のビールです。



    去年は地味ジャージに派手ヘルメットで有名だった藤井選手。
    今年は「ジャージも」派手で、よりによって山岳ジャージか!と思ってよく見たら京都の自転車屋さんきゅうべえのジャージらしい。
    派手山岳。。。



    日吉の名物ガレ場のキャンバー(進行方向に対して横向きに傾斜しよる区間横方向にズルッと滑りそうになる)、
    関西シクロクロスが開幕だーと事前にワーイ練習だーなどと適当に荒地を走ったりしていたミユキさん
    「ドゥフフちょっとワイルドなコースを走ってみようね、さすがだね前年比で結構うまくなってるんじゃん?」
    などと調子づいて日吉に乗り込んだミユキさん
    その心を見事に打ち砕いたキャンバーでした。すごく急な傾きだし、こけたら石が痛そうだし、
    しかも最後には傾いてるほうにグイッと曲がって下って急カーブとか!こけるだろうが!ふざけるな!
    そうそうそうこんなんだよシクロクロスは、なめてたよ、自分に甘えてたよ、
    と普通に越えていく人々に見てみぬふりをしながら一回目は「無理じゃろ。。。」と降りましたが
    二回目は片足を外して恐る恐る通過(こけそうになった時に足をつくのだ!傾いている上のほうにあたる足を外そう!)
    三回目で見事普通に乗ったまま通過で心の中で小さくガッツポーズ、
    シクロクロスはこういう「難所をクリアしてやったぜ」という快感が楽しいですね。
    しかしいい気になっていたミユキさんを待っていたのはこのキャンバーで後輪をスライドさせ、
    いわゆるドリフト走行的な感じで軽快に乗り越えていく小さい子どもたちであった。。。イミフ!
    君らはあれだよ、失うということを知らないからそういうことができるんだよ。。。



    ガレ場のキャンバーを攻める福本選手。
    この場所は結構急な傾き加減でしかも小石が散乱していて
    (アアー小石踏んだらゴロッといってこけてしまうのではないか。)と恐怖心に駆られるところですが
    さすがシクロクロス暦が長い福本選手はいさぎよく越えていきありがたやありがたや



    ミスるとこうなる!



    今回のブログを読み進めていくにあたって
    よく見ると乗っているバイクが変わっている、という選手がちらほら見受けられることに気付くと思いますが。
    それはおそらくパンクしたのでバイクごと変えたのです!
    この日吉で最も恐れられているのはキャンパーでも坂でも鹿糞でもなくパンク!
    写真のようなとがった石が草の奥に隠れていたり、木の根っこや溝の淵などで多くの選手がパンクしていくのだった。



    このような攻撃的な草もたくさん生えていました。
    観戦でむそむそと歩いていると突然膝の辺りをグサ!と刺してくる。なんだというのか。。。



    まわりから茶化され
    声援を受けながら走る上田選手CL1の3位。
    シクロクロス会場は他の自転車競技とは違って独特の「ゆるい感じ」がいいです。
    これは細かいカテゴリー分けで「誰でも出られるから知り合いが出る率が高い」というのが作り出す
    アットホーム感によるところがあるだろう。。。家族連れも多い



    レースの前半から続いた大河内選手と景山選手のトップ争い、
    後半は景山選手から数十メートルの差を守りきりCM1総合優勝の意地を見せた大河内選手。
    今年の総合優勝へ向けて開幕一勝目だ!C1天下り組や三船選手には負けない!筧選手は今年はC3からC1を目指すという噂だ。



    ニョロニョロ選手はパンクするわチェーンが外れるわいつもの太鼓が壊れるわと踏んだり蹴ったりな目に合い、
    レース後半では後ろからやってきたCL1トップ福本選手とやりあったりしていた。



    CL1で2位になった埜真選手



    「俺の敵はここにはいねえ」といったあんばいで2位に5分差をつけて優勝した福本選手。
    リザルトにはDNSと書かれた宮内佐季子、一括申し込みしてやがるな、やる気だな、
    と去年後塵を拝した女の名前をぢっと見つめる(見つめてないかもしれん
    そして全日本選手権連覇中の豊岡英子は東京でロードレースをしていやがる、



    CM1の2位と3位はC1からの天下り組である!



    センター分けの福本選手がセンター
    CL1のセンター

    続きを読む
    | 2012‐2013 関西シクロクロス 第1戦 日吉 CM1 CL2 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>