編集
ムスメミユキ
  • 2012‐2013 関西シクロクロス 北神戸 C1

  • 2013年01月06日日曜日 | カテゴリー:写真等

    試走をする足も重い

    解凍されたツルツル区間。
    氷じゃなくなったので滑らないのかというとまったくそうではない、
    むしろ粘土質の泥は氷より滑るといった感じである件!いいね!
    午後の協議の結果、C1だけはこのテクニカルでおもしろいであろう部分を使うことになったようです。



    このキャンバー区間は上から横に大きく一回二回と折り返してくるのだが、
    一回目の進入の時点でものすごい泥でツルツルでもうたいへん。
    試走で「行けるのか。」「無理だろう。」「全然無理だろう。」と苦笑いをする速い人たち。
    話は「乗っていけるか否か」ではなく「降りて走る時に自転車を地面につけたらそれだけで泥がひどいことになる」という展開へ。



    地面を押して走ったらこうなるから!

    BBまわり(前のギアがついとるところらへん)なんかは「電動のやつのバッテリーですか?」という泥の詰まりよう。
    この北神戸の非常に細かい粒子の泥、詰まるし、まとわりつくし、滑るし、ディレーラーとかを破壊するし
    しかしどうしてこの北神戸の泥はこんなにたちが悪いのか?というと、はるか古代、ここらへんは大きな池の底だったのだという。
    池の底に少しづつたまった細かい泥が、はるか時を越えて現代の選手らを苦しめていると考えるとロマンを感じますね。感じますか?



    去年と同様に溝の前にステップがあったが、別に気にならないという泥具合で!


    C1のスタート前。
    今年からベルギーのコルバスペラーノハムというチームに移籍するらしい竹之内悠選手、
    ジャージがないのか漆黒のジャージだ。



    スタート!!!!



    まず先頭に出たのは「エリート日本一」竹之内悠選手と「ジュニア日本一」横山航太選手、
    その後ろに少し離れて沢田福田中井が続く、そんな感じぃ
    ずるずると下のほうに滑りながら走るC1のトップの2人。。。



    僕的にはC1のうまい人たちがここをどうやって走っていくのかというのが楽しみだったのだが
    まあ1周目、スタートの混雑の中ですから、みんな降りて担ぐというね!



    さあ今日は忙しいであろうというのがこのピットだ。
    ドロドロのバイクをきれいにしなければならない、毎周ぐらいに入るのではないか



    と思ったら意外と入らなかった。
    そんなもんなの〜とピット渋滞を期待したミユキさんはガッカリしたという!



    ピットに入らざるを得なかったのがスタートでは1位争いをしていた横山選手。
    1周目の早い段階でパンクしてずるずると順位を落としていくという不運に見舞われた。
    この北神戸は凍結と泥以外にも意外となぜかパンクが多いコースなのだという。



    ピットでバイク交換する2位の沢田選手。この後に3位の中井選手も替える。
    そこいくと1位の竹之内選手はピット回数の少なさがよくは見てないものの印象的だった気がしますがどうだったんですか。
    ここでも広がる差!



    泥キャンバー区間をせっせと担いで走る竹之内選手



    ここで乗っていこうというそぶりを微塵とも見せないC1の選手たち!!
    まったくないタイヤ痕!
    「この部分を使うようにしたのはいいが、ラン区間が増えただけなのではないか」ともっぱらの噂だ。

    でも速い人は「ラン区間」も速いです、シクロクロスは自転車をこぐだけではないのですね。。。



    近年まれに見る泥具合だという今年の北神戸
    残り少ない今シーズンタイム君シクロクロス期間であったが、
    タイム選手にとってはこの北神戸はフラストレーションのたまるレースとなったようである。
    はるか前をゴリゴリと駆け抜ける竹之内選手と比べると危うげな泥走り具合、どうした!

    そういえばC3のレース中速い選手を見て「あいつは泥さばきがうまい」などという専門用語を聞きました。
    泥さばき。。。



    2位の沢田選手から離れて3位を走る中井選手
    誰か竹之内悠を倒せ!



    田園地帯を背景にキャンバーを進む。
    奥にはグラウンドの駐車場からあぶれて道に駐車する車が見える。
    今回のエントリーは約540人。。。



    ジュニアカテゴリーなので40分でレースを終えた横山選手。
    スタート直後のパンクで大きく遅れたが、レース終了時点では4,5位まで盛り返していたのではないか、違ったかも、
    世界選に行ったらおもしろかろうと思うが、その頃にはロードレース活動が始まっているという!



    1位を独走する竹之内選手と正月なので着物のがらぱさん



    「たいへん難しいコースだった、あと最後までアウターで行けなくてかっこ悪い」ともはや価値観が違う竹之内選手、
    「こんな走りで2位に入っても」とふてくされる沢田選手、
    ニコニコ中井選手、いいね!



    C1のレースの後
    アンダー17なのでC3と同時スタートの日野 竜嘉選手はC3を入れてもダントツ1位でゴールし周囲を期待させ



    別の組のC3ではGパンの人が「Gパンきもい!」「すね毛!」などと言われながらもすごい速さで昇格しある意味周囲を期待させ



    偽ニョロニョロを撮ろうとしたらオートフォーカスのピントがずれたり

    そんなこんなの他の写真はこちらです。。。

    午前の部(C1まで

    午後の部(C1以降
    | 2012‐2013 関西シクロクロス 北神戸 C1 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>