編集
ムスメミユキ
  • 2013 ツアーオブジャパン 堺ステージ

  • 2013年05月20日月曜日 | カテゴリー:写真等

    大阪駅から2,30分、百舌鳥駅降りたらすぐコース!完全徒歩圏内だ!

    というわけで

    2013 ツアーオブジャパン 第1ステージ in堺!

    に行ってきました。
    今年からUCIランクが上がって、グランツールなどでおなじみプロツアーチームのみなさんが出られる!
    という格式のレースになったというから、「誰が来るのか」「キャノンデールは来るんじゃないの。。」「キャノンデールはキャノンデールのチームが日本にあるからダメなんじゃないの」「来るでしょおキャノンデールは。。増田しゃんとかを連れて自転車発展途上国に。。そういうとこに積極的に行くって言ってたろおジャパンカップで」「来ないでしょおさすがに」「じゃあ誰が来るのか」「ジロとカリフォルニアがかぶっているこの時期に来ても二軍三軍なのではないか」「そういうこと言うなよお」
    ということでランプレさんがプロツアーチームとしては来日されました。



    コース完全封鎖前にちょろちょろと走っている車をコースを試走する選手が両側から追い抜いていく!あうあう
    前回総合優勝のバリアーにさん有するNIPPOと去年活躍したリケーゼさん有するランプレだ
    今年のジャパンカップも彼らがうまいことやるのでしょうか。



    メイン会場には去年よりも多い気がする出店の数々が出展されていた。
    ちゃんとした店というよりは地元の人々がやっておるという感じの店
    僕はとりあえずビールを頂きました。



    会場では様々な催し物が企画されていました。今年もシャンプーハットさんがお越しでした。
    ステージでは一般人を招いて小出水さんのフリップ芸なども見ることができました。
    マリオさんはいらっしゃらなかった気がする。雨だからだろうか。
    火にあぶられたりトゲに刺さったりカメに体当たりされても平気なのに雨には弱いのか。


    出走サインをする清水都貴(ミヤタカ)選手ブリヂストンアンカーだ。
    初めての人は「ミヤタカってミヤザワタカシですかサクソバンクの」と思いがちだから注意しよう。



    スタート前にジョージアをいただいておられる韓国の選手のみなさん。
    別の選手はヨーロピアン微糖であったがその違いをわかって飲んでいたのかは疑問が残る。



    「おー!おまえじゃん!ひさしぶり!」
    「アナタジャナイデスカ!オゲンキデスカ!」といった感じで話していた2人
    梅丹本舗時代の同僚か別のレースでの顔見知りか



    会場で行なわれていた一輪車の演技を見学するファルネーゼのみなさん。
    「この子らすごいな。」
    「ウムすごいな。。」
    「おまえ一輪車は乗れるの」
    「乗れん」
    「こんな派手なジャージ着て一輪車のひとつも乗れんとはな。。」



    「わひい」
    とうなりながらボトルを運ぶシマノレーシング野寺監督。
    チーム資材を積んだ大きな車の駐車場とメイン会場にある選手らが待機するチームピットはけっこう離れているのだ!
    時計を気にする野寺監督、スタートまであと10分 監督の仕事は多い。。



    ゴール地点に早く来たで賞はファルネーゼのみなさん。
    その後ろからボトルをもらったのかシマノレーシング一行がやってくる。



    徐々に沿道に集まる観客のみなさん。
    レースが始まる前の緊張感が沿道に広がっていく。いいね!



    キター!

    スタート後第1コーナーを先頭でやってきたのはチームCプロジェクト
    なんかキャノンデールのプロジェクトのチームだ。
    その後方では去年のこの国際クリテリウムの勝者リケーゼさんのランプレが落ち着いている。
    そうそうこの国際クリテリウム
    ツアーオブジャパン第1ステージタイムトライアルの前に行なわれる、ツアーオブジャパン参加チームによるクリテリウムなのだが
    公式HPでもなんでもあんまり大々的に宣伝してないので注意しよう。
    やはり正直に言って!
    1,6キロのコースをひとりづつ一周だけ走るタイムトライアルよりは
    こっち見るべきでしょ
    どっち見るの!こっちでしょ!



    ワオー!
    イン側の迫力がすごいですね、
    集団がイン側ギリギリを攻めていく迫力は一度は見ておくべきですと何度も申しております。
    ここはガードレールがあるので内側におれば安全ですね。



    パッと見はあまりにも字が小さくて動きも速いので
    「今のバイク周回数書いてたんじゃない?」「違うでしょお。。」という戸惑いの声が聞かれたバイクで周回数。。



    ドラパックが積極的にレースを動かしていくが、周回数が進んでも逃げらしい逃げは決まらない。
    1・6キロのコースを10周だから、残り16キロからのスタート、逃げはやりにくいか。
    先頭では小競り合いが終始続くといった感じい
    Cプロジェクトが積極的に前方に顔を出している。
    「前行けよう」とひじをクイクイッとしたら「いいから」とファルネーゼの選手にお尻を押されたりと
    そういうやり取りが見られるのもやはり生観戦のよさであるなあ。



    でかいマリウスさん
    その後方で集団前方をうかがう土井選手(日本チャンピオンジャージだ)と韓国KSPOの選手



    一応替えのバイクやホイールを用意しているランプレさん



    大勢の観客が見守る中レースが進んでいく
    移動しながら見る人も多いので「待っていれば」見たいところで見れる、ぐらいの観客数だ
    いつか沿道に幾重にも観客が連なって「全然見れん」という日が来るだろうか。。



    レース中盤に少しだけ逃げが決まる。
    ランプレとファルネーゼはスプリント狙いで集団のテンションを押さえるための逃げ投入であろうか
    あわや逃げ切りというモチベーションはあまりないように思います。



    Cプロジェクトはやはり前にいるがどうすべきか考えあぐねているといった感じぃ



    ゴール前は最終コーナーの直角カーブを曲がって若干の上り基調での直線ゴールとなっております。
    ほんの少しの上り基調ですが、ここで集団が中切れを起こすことがよくあり
    「どわりゃー切れんなや!!」「なんしよんなら!!!」といった趣の外国語が集団内で飛び交う。



    その最終コーナー、残り2,3周
    「へたくそが後ろにさがっとれ!」「なにあずっとんなら!」「わらかすどけアホ!」といった趣の外国語が飛び交い
    集団のテンションがあがっていることを感じ、生観戦独特のゾクゾクを感じる。いいね!



    ランプレとファルネーゼのトレインにより逃げ集団は吸収
    最終周回へと向かう。
    スタート、逃げ、逃げ追走、スプリント!という
    よくテレビで見るようなレースの縮図が約3分おきに目の前で繰り広げられる、国際クリテリウム。
    いいね!



    観客はゴールライン前後50mぐらいに密集していて、100mぐらいまで来るとまばらです。
    雨予報があったからか去年より観客は少なかったように思います。雨予報だったからだと思う。。
    スプリントというとゴールライン後で見がちですが
    しかしスプリントというのは「ゴール前」もなかなか見所ですのでおすすめです。。



    キター!
    ゴールスプリントだ!去年の勝者リケーゼさんをアンドレアフランチェスコバリーニさんが引く!
    その後ろにはファルネーゼ ミケーレメルローさんとマッティアポッゾ、
    ジェネシスのアンソニージャコッポ、
    ドラパックのウィリアムウォカー、
    マトリックスのマリウスさんと窪木さんが続く!
    その他の日本勢は沈黙だ。後ろでCプロジェクトが後ろを向いている。



    リケーゼさん発射!
    バリーニさんは「ウギャー行けーオリャーーーー」などとリケーゼさんに最後の喝を入れる。





    プロツアーチームなめんな!
    といわんばかりにツアーオブジャパン開幕戦(事実上の)(プロローグとでも言うべきなのか)で存在を見せ付けたランプレ
    この1週間でどのような走りを見せるか。



    スプリントをやる気がない皆さんはよぼよぼと帰ってくる。
    勝負はこれからだ。。


    シクロクロスで速い人たちがちらほらと見える

    その後JBCFの皆さんによるクリテリウムも開催されました。その頃には雨!
    国際クリテリウム中は
    「雨降りそうだけどな〜降らないかな、降らない、多分降らない、降ってもタイムトライアル中に振り出すかな、そしたらオモシロイな」
    などと空を見ていたら国際クリテリウムが終わるとほぼ同時に雨が来たという!
    アカン!




    暇をもてあますランプレのみなさん。
    国際クリテリウムが12時前に終わって、タイムトライアルが始まるのが13時40分、2時間ぐらい暇なのだ!
    雨だしウロウロするのもめんどくさいといった感じ
    各選手車の中で寝たり、談笑したりと時間をつぶす



    テント内は選手のくつろぎスペースにしているシマノレーシングは外に出されたローラー台に傘を差す。。
    そこ行くとニッポーはテント内にローラー台を設置していたりと、チームによって考え方が様々である。



    人里はなれたところでローラー台に乗る選手
    あれはどこのチームかなーと思っていたら、そうでした宇都宮ブリッツエンのジャージが大きく変わったんでした。。



    JBCFクリテリウムが終わると雨の中大急ぎでタイムトライアルの準備を始めるみなさん
    テントを設置するのに1分程度しかかからない早業で
    次々とテントを設置していく!



    これはなんでしょうか。
    タイムトライアルのスタート台です!使用前はコースの片隅にかたしてある。



    タイムトライアルではバイクチェックが行なわれます。
    今回はTTバイクの使用が認められていたようですが直前に使用禁止になったそうだ。
    TTバイクをそもそも持っていないチームや外国から持ってくる輸送費を出す余裕がない!
    というチームがあるツアーオブジャパンで公正を期すための処置であろう



    こんなふうにチェックします



    国際クリテリウム後に降り出した雨ですが「あれ止むかな」「止みそうだな空も明るくなってきた気がするし」
    と思わせといてからのタイムトライアルがはじまると強くなる雨です!
    この雨の中誰が攻めて行くのか!とコーナーで見ようと移動したら、
    みんな安全に行くので飽きてウロウロするミユキさん



    おそらくこの日、雨のコースを一番攻めて第1ステージを勝利した西谷選手
    を見ている地元の方。
    見逃したわ〜ウロウロしてたわ〜横通り過ぎてたわ〜



    これがスタート台です。
    コースを1周するだけなのでこのあたりにいない限り走っている選手は一度しか見ることができない。



    先ほど立てられたテント内でスタートを待つ選手のみなさん。
    この向こう側で2位になったソ・ジョンヤンさんがゴールしてると思います。
    見逃したな〜ウロウロしてたな〜



    自分でも驚くぐらい上位陣を見逃していたので速そうな感じの写真を載せます。
    本日8位!チャンピオンシステム マートオハベーさん。



    本日53位!ルイージ・ミレッタさん。



    腕がいいね!
    本日21位 KSPO パクソンビャクさん!



    今日の一番早く帰ったで賞はチャンピオンシステムさん
    タイムトライアル日本チャンピオン西薗選手を有するが「安全に行った」ということで
    先ほどのオヘバーさんが最上位8位で特に何も無し



    選手らは冷たい雨の中、自転車でホテルまで帰ります
    アアー寒い 悲しそうな目でこちらを見ている。



    初日に勝ったから総合ジャージを着るのは当たり前だが
    意外であろうかツアーオブジャパンで日本人が総合ジャージを着るのは2006年ぶりだというから
    「これを着ることには意味があると思う」と西谷選手もジャージの重さを噛みしめる。
    今年からランクが上がったツアーオブジャパンで活躍することは
    ただ「母国開催だからがんばる」という理由以上に賭けるものがあるのだ。。



    国際クリテリウムの写真です。
    他を圧倒するディープリムで集団中盤から後方であまり無理をしなかった様子の西谷選手。



    チームカー渋滞。。
    右奥のステージでは西谷選手の表彰式があるのだが
    そのすぐ横では「車とおりまーす!く る ま と お り ま す !!!」とスピーカーで大音響。。
    リスペクトがない!アカン!



    そんなこんなで開幕した今年のツアーオブジャパン
    youも行けるなら行っちゃいなよ!

    他の写真:
    2013 Tour of Japan sakai!
    | 2013 ツアーオブジャパン 堺ステージ | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>