編集
ムスメミユキ
  • ルマンと全日本自転車ロードレース選手権

  • 2013年06月19日水曜日 | カテゴリー:-
    ルマン24時間
    ジェット風力発電機を搭載したブランクツーイモムソカプセルJ2

    ついに
    ついに今年もルマン24時間の季節になりました。。
    世界最高峰の自動車耐久レース、ル・マン24時間レース。。
    LMP1クラスという「このレースのためだけに作られた」レースカーのクラスから
    市販車(といってもフェラーリやポルシェやマセラッティ)を改造したクラスまで
    合計55台のレースカーがフランスはルマンのサルトサーキットを24時間走るというレースで
    やはりこのトンデモレースですから、ドライバーなんかにとっては

    F1のモナコGP
    アメリカのインディ500
    そしてルマン24時間

    「この3つのレースを勝ったらたいしたもんだ」というモータースポーツの象徴的存在であり
    モータースポーツファンからしてもやはり
    「そこまで耐久レースに興味がないとしても気になる」お祭り的イベントレースである。

    そのルマン24時間を去年から「スポーツといえばJSPORTS」でおなじみのJSPORTS様が24時間マルッと生中継してくれて
    さすがに24時間まるまるテレビで実況解説つけて放送、とはいかないですが、
    スタートとゴールの数時間のテレビ放送以外は「スカパーオンデマンド」というネットサービスを使用した
    今流行のオンデマンド方式での放送という形で、
    パソコンやアイパッドなどで「映像と現地音声だけ、現地放送局から届いたそのまま」の放送をなさるのですが
    これがこれでまたなんかいいだ。

    テレビ放送されない部分というのは「大部分が夜」なのですが、
    暗闇の中で時にすぐそば、時に遠くで響くエキゾーストノート、
    マシンの強烈すぎるライトでカメラが白飛びしてなにがなんやらわからん、
    時折映る真っ赤に発光するカーボンブレーキ、
    夜のルマンに浮かび上がるピットレーン
    寝るメカニック、
    そんなピットレーンに夜遅くにトラブルで入ってくるマシン、
    解説がないからなんだなんだと画面からの情報のみで想像する、
    奥から聞こえる会場の現地アナウンス(去年はピエール北川の日本語も聞こえましたね)、
    そしてルマンに訪れる夜明け。

    この夜明けのルマンが美しい!
    空が白み始め、その下で白、黄色、赤、
    まだライトがまばゆいレースカーが爛々とサーキットを駆ける。
    オンボード(運転席)カメラでは一方の空はまだ暗く、
    しかしコーナーを曲がると目の前に朝焼けの空が広がる、
    そして突然パッと太陽が現れる。
    それまでの暗闇を太陽が一気に地平線の向こうへ追いやり
    徐々に明らかになってくる、夜の走行で傷つき汚れたマシンの全容、
    コース脇には寝袋に包まるファンたち。。
    まだ寝てるピットクルー。。
    これらはほぼすべてのモータースポーツにおいてみることができない情景です。
    特に夜明けは。。普通はそんな時間にレースをしませんからね、
    それをBGMに日本の一日を過ごすというというのが去年のミユキさんのルマンであり
    今年もそれを楽しみにしていたのですが(絵に描くぐらいです!)

    今年は自転車ロードレースの全日本選手権がかぶりました。
    もろにかぶったな〜大分にいるもんな〜ひいてはゴールの時には瀬戸内海海上にいるもんな〜
    一応スカパーオンデマンドでアイフォンで見れるかと期待していますが
    多分見れないでしょう。。
    再来週ぐらいにやはりスカパーオンデマンドで擬似ルマンを個人的に開催(再生)するかもしれません。
    それもいい。。
    そういうわけで
    九州東部にお住まいの方はぜひ大分で行われる
    自転車ロードレースを見に行かれてはいかがでしょうか。

    6月22,23日山奥で開催!全日本自転車競技選手権大会!


    | ルマンと全日本自転車ロードレース選手権 | カテゴリー:- |
    <<次のページ  /  前のページ>>