編集
ムスメミユキ
  • レッドブルX2014ファンカーをもらいました

  • 2014年02月19日水曜日 | カテゴリー:グランツーリスモ6 フォトモード


    今回のアップデートで追加された
    グランツーリスモのデビルカー(ミユキ称)であるところのレッドブルファンカーをもらいました。
    その挙動はデビルカーの名に恥じないもので、
    中のドライバーはコーナーのたび左右に5,6G以上の遠心力でふりまわされ、
    ブレーキングで2,3秒で300キロ減速したかと思えば、その2、3秒後に300キロに到達する加速力、
    多分中のドライバーは無事ではすまないのではないか、ゲーム上の架空のマシンでよかった


    レッドブルチャレンジ、スパのシケインで華麗なるショートカットを決めるミユキさん。
    マシン下部に吸気口が見えます、ここから空気を掃除機みたいに吸い込んでダウンフォースを得るんですな、
    この方式は「ファンカー」といって、大昔に実際に使用され、効果も実証された機構ですが、「さすがにこれはあかんやろ」と
    すべてのモータースポーツで使用禁止になっている禁断の装置なんですね、





    大昔に開発されたファンカーは「マシン下部の空気を吸い込みたい、それしか考えられない」という感じで、「できるだけ四方を閉じた」「四角い」マシンなのですが
    F1界で「新しい空力デバイスのトレンドはいっつもこの人が作る」で有名なニューエイさん監修のX2014、
    「ここでごっそりと空気を横から後ろに流したり、乱流をごっそり軽減してるに違いない」と萌え萌えなマシン形状



    ただ速すぎて出られるレースカテゴリーがありません。
    これで乗用車を追いまわしたりしたいと思うのが男の性というものであろう、
    ル・マンとかに出たいであろう、



    X2014スタンダードのチャンピオンシップ
    シルバーストーンではコース図を見ながらのILS走法で大幅なショートカットができたり
    富士スピードウェーでは第1コーナーでイン側から4位ぐらいのマシンにつっこむと上位1〜4位を脱落させることができるぞ!


     
    | レッドブルX2014ファンカーをもらいました | カテゴリー:グランツーリスモ6 フォトモード |
    <<次のページ  /  前のページ>>