編集
ムスメミユキ
  • 2014 シクロクロス東京 女子

  • 2014年02月12日水曜日 | カテゴリー:写真等
    シクロクロス東京
    クリックすると超巨大画像が開きます

    はい
    というわけで
    翌日(ホテルの人に泣きながら窓の閉じ方を聞きに行きました、下の出っ張りを足で踏むと閉じられました、みなさんも困った時は出っ張りを踏んでみましょう!)
    ご覧の通り、昨日のことがうそのように晴れました。
    上から見下ろしてみるとなんのことはない、小さく見えるコースだが、
    去年おととしとは違う難しさが現れるコースとなった。



    昨日のことがうそではなかったことを証明するこの銀世界、
    当然フライオーバーを初め各所に雪が積もっていたであろうが、朝早くからそれらを何とかし、
    コースサイドに付けられたバナーなどは強風で壊れていたり、それを修理したり
    開催にこぎつけたシクロクロス東京さんおつかれさまでした。。



    自転車ということで弱虫ペダルもシクロクロス東京に出展
    作者のサイン会なのかオリジナルグッツとかがあったのか、朝も早くから行列ができていた
    朝も早くからとかいうレベルではない、
    話によれば朝の4時から並んでいた人もいるというから漫画の情熱はすごい


    前日から夜の強風のためかバナーが壊れています。

    日曜日の朝イチのレースは子どもらのレースであったが
    本来なら無難なコースを設定してワーワーしたいところであるが、無難な場所がない件です!
    子どもらはほとんどの場所を自転車から降りて走った。。



    その後にはエンデューロが行われました。
    ファットバイクの本領発揮といったところ、



    今年のフライオーバーは角度がきつめ、しかも雪で濡れている、
    乗っていこうとしたら滑ってこけてそのまま下まで滑って落ちていく、というオイシイ演出も見られたり
    自転車に乗ったままひっくり返って背中から地面に落ちるという怖いシーンも見られた。。



    エンデューロ1位の人(多分)
    それに目もくれない後ろの人々、
    輪の中心には弱虫ペダルの作者の渡辺航先生がいる。
    ファンの多くは若い女性だ。
    (弱虫ペダルってそんなに若い女性が見ているのか)とびっくりしたが



    晴れて強風の後の澄んだ空気、フジテレビさんもクリアーだ。
    雪の下の砂は湿って堅くなり、例年よりは走りやすいといったところだが、
    それでもそうそう簡単に行けるものではない、



    レインボーブリッジ(積雪処理のため封鎖中)とヤンキー



    エンデューロには航先生も出場なさいました。



    歩くヤンキー



    歩く先生、



    歩く先生

    先生が下手なのではない、
    今年のお台場は、例年まで一番の名所で難所であった砂場というより、
    雪と雪解け水と木の根の合わせ技一本でドロドロのツルツルになった林部分が一番の難所となっていた印象、
    一般人のクラスでは多くの人があっちこっちソチでこけていた。。
    しかし足を運びにくい林区間、観客はあまりいなかった。。



    はい
    女子と男子のエリートのみなさんがメインイベントに向けて試走を始めなさりました。
    沢田さんと豊岡さんであろうか、
    エンデューロで踏み固められた砂場を行く
    昼過ぎには雪も溶け始めラインが見え始める、



    女子スタートの前のプレゼンテーション、
    レインボーブリッジもゆりかもめも閉鎖され道路もマヒ状態で観客来るのか、
    観客のいないお台場なんてあたしゃいやだ、と心配したが、どこからわいてきたのか
    わいてきたって言うな
    多くの観客が訪れた。それでも去年よりはやはり少なめかなという印象。。
    舞台に呼ばれたが手持ち無沙汰な先生、



    ブリヂストンアンカーの●田選手のご家族から「これ配ったはるで」と教えられた
    トレックのTシャツ、コースサイドでただで配っているという!Lサイズを!



    もらって着ました。。



    はい
    スタート地点に進む女子選手のみなさん、
    女子はエリートであるところのL1と中級レベルであるところのL2が同時スタートです。



    女子ですごいのはねえこのこんぷとんさんです!
    去年のシクロクロス世界選手権では1分半遅れの2位(豊岡選手はラップアウト)
    今年は3分遅れの9位(豊岡選手は7分遅れの34位)、
    シクロクロスワールドカップ(国際シリーズ戦だ)では総合優勝のあのコンプトンさんが!
    日本に来たっていうからたいしたものです。



    はい
    お台場シクロクロスの代名詞
    「スタート数分前からスタート付近は人の列で思うように見れん」状態です
    足元も悪い中みなさんお集まりいただきありがとうございます、



    スタートゥ

    「スタート50mぐらいで直角カーブ」でこの砂場ゾーンに突入する今年のお台場、
    「スタート直後は長い舗装路が望ましい」とされるシクロクロス、
    スタートのスプリントもすることなく砂場に集団で突入するこのコース、いいのかこれで!
    これはこれでいいだろ!ということなのか!どうなのか!

    先頭でやってきたのはウェンディシムズ選手、
    後ろに見えているピンクの豹柄は豊岡選手ではなく坂口聖香選手、
    その後ろに豊岡選手がチラ見してます、
    坂口選手の顔の横で輝いているヘルメットが豊岡選手かと思いがちですが
    これはコンプトン選手です、



    アアーこれか、
    このスタート直後のカーブ後の砂場の混乱の中でも
    「なんか様子を見ながら乗ったまま」な感じ、
    世界か、これが世界なのか、


    写真は朝イチのものです

    雪が20センチは積もっているであろうかという砂場、移動にも難儀であると思っていたら
    このようにおすすめ観戦場所では雪がかかれているのですか、おつかれさまです、
    他にもよくみたら「雪が踏み固められ歩きやすい雪上通路」があったり、おつかれさまです、



    ザッザッザッと来るコンプトンさん



    次の瞬間にはもう捕らえた、
    スタートでは遅れたが落ち着いて順位を上げていくコンプトンさん



    スタートを決めたシムズ選手の後ろからコンプトンさんが乗ったまませまる



    日本勢のみなさんは水際の戦いになれているのか「潮が引いて現れた」水際を走る作戦だ。



    先頭に出たコンプトンさん
    トレックの提供でお送りしています。。



    同じくスタートでは遅れたが確実に前との間隔を縮め、
    コンプトンさん以外の外国の選手をパスし2位に上がった豊岡選手



    L2で勝ったレディーゴージャパンの町田選手であろうか、フラットペダルだ!



    日本よこれがシクロクロスだ
    といわんばかりのコンプトンさんは実にスムーズに先頭を走る
    もちろんライディング技術が高く「他の人が乗って行かないとこも乗って行く」のはいうまでもないが
    逆に「他の人は(無理して)乗って行くところでいさぎよく降りちゃう」というシーンも見られ
    これは男子で勝つザックさんでもみられたことであったが
    あなたはこういうことについてどう思われるでしょうか。



    その横で雪遊びに興じる子、



    はい
    おっしゃるとおりで
    「コンプトンさんをいろんなとこで見たい=他の選手をあんまり見てない」僕です、
    差がね、
    結構付いたでしょう、待てばよかったんでしょうけど。。待てなかったですねえ。。
    前日にはクロワッサンたい焼を買うために1時間半も待ったんですが
    写真は2位に上がった豊岡選手の後方に、
    シムズ選手にせまり表彰台3位に食い込もうとする宮内選手です、



    はい
    あっという間にゴール、沿道にあふれる観客からの歓声に答えるコンプトン選手
    ここだけ見たら世界選手権並みの観客じゃないですか、ありがとうございます、



    ゴール後の1位と2位のトップ会談を囲む大観衆
    もはや短パンどころか半袖Tシャツのケイツジ、

    続きを読む
    | 2014 シクロクロス東京 女子 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>