編集
ムスメミユキ
  • 2014−15 関西シクロクロス マイアミ CM1 CL1

  • 2014年10月27日月曜日 | カテゴリー:写真等


    砂浜に現れた人工物、古代遺跡かもしれん、さすがマイアミ
    背景に見えるのは長命寺山、ふもとの八幡掘は時代劇の撮影で使われることでも有名です。最近ではあの「るろうに剣心」の撮影にも使われました。



    トップカテゴリーC1の後に行なわれるのは平均年齢トップカテゴリーのCM1だ
    いや平均年齢で行ったらCM3とかのほうが上かもわからん、とにかく40歳以上男子たちの中でのトップカテゴリー、マスターズクラス。。CM1。。
    別に40歳以上は必ずこのカテゴリーでなければならないというルールはないが、あえてここに集まるおっさんたち、仲良くも熱い火花をバリバリと散らす。。



    スタートゥン



    CM1から時差スタートの女子トップカテゴリーCL1、4人。。
    みなさんお知り合いのスポーツ女子がいたらシクロクロスなどを紹介されてはいかがですか。



    スタートゥン



    レース会場でよい出店を出すことで有名なブチョーコーヒーの筧選手がファースト砂浜を先頭でいく。その後ろには今年も派手なヘルメットに無骨なメガネに山岳賞のようなジャージ。。の藤井選手が続く



    ヘルメットというと今年もニョロニョロを頭に付けし巨匠佐野選手
    これは子どもにも受けがいいのに野辺山とかの仮装レースだと下ネタのほうに走ってしまうぞ。



    砂浜に寝転がってリラックスタイムだ。
    砂場なのでこけても痛くないから安心だ。



    もはやマイアミ。。



    なぜ赤と白のジャージなのか、それは日本チャンピオンジャージだからだ宮内選手。



    マイアミ感。。
    写真に写っているのはハワイはワイキキ発祥といわれるパドルサーフィン、
    滋賀のマイアミはワイキキでもあった!



    CM1の3位争いの皆さん
    あの前の青い人の前に出たら3位だ!



    2分の時差スタートのCM1の皆さんを追い抜いていく宮内選手。
    全日本三連覇と関西シクロクロス総合優勝を狙うという宮内選手、スタートから独走トップ、彼女のライバルは誰なのか、シーズンはまだ始まったばかりだ━━━。



    CL1の2位3位パック



    「降りてるもの、降りてちゃダメだよなあ」とコースマーシャルにやじられる藤井選手、
    「藤井選手がずっと後ろについてくるから作戦を変えた」という筧選手ははるか前方へ。。



    砂浜を走る━━━一見キワモノなコースだが、実際ここで勝つ人は大体どこでも勝つ、シクロクロスの実力差が如実に出るコースだ。もちろん「シクロクロスって大体そんな感じ」と言われればそれまでだが。。



    ケイツジの頭から生える宮内選手のガッツポーズ━━━。



    「ウオーンよっしゃー」と勝利の雄たけびをあげながらゴールへ入る筧選手



    どうもどうもと会釈しながら”関西では1位”藤井さん2位



    3位争いを制したのは清水さん
    すぐ後ろには最終コーナーを立ち上がる大河内さんが見える。



    ゴール後に他の選手らを迎える筧さん
    CM1の選手たちはなぜかゴール後一箇所に集まりがちだ。



    表彰台でエグザイルのグルグルダンスを披露する妙齢の男子。。どういうことなのか。。
    「この勝利は先日手術を終えたばかりの娘にささげたい」という筧選手に「子どものこと言われたらなんにも言えねえ」といった感じの他の2人



    最後のレース、C2のスタート
    と共に帰り支度を始める人々、というのが最近の関西シクロクロスの風景だ。。



    背景に見えるのは沖ノ島です。
    淡水の湖の島に人が住んでいるというのは世界的にも珍しいらしく、研究者たちにとって注目の島だという。なんの研究なのかは知らん。

    他にも写真アップしましたのでご覧ください。。C1以降しか撮ってない。
    2014−15 関西シクロクロス マイアミ

    | 2014−15 関西シクロクロス マイアミ CM1 CL1 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>