編集
ムスメミユキ
  • 2014−15 関西シクロクロス 桂川 C1

  • 2015年02月04日水曜日 | カテゴリー:写真等

    早朝8時、雪が降りつもる会場に続々と集まる参加者たち。。

    はい
    というわけで

    関西シクロクロス 第10戦(最終戦) 桂川


    に行ってきました。(最終戦)と表記しましたが実際の現場、特に関西シクロクロス各戦で場内実況をしておられるがらぱさん(あの会場に響く声はDJがらぱという人だ 自転車レースを見に行くとよくいる)なんかは「千秋楽」と表現する。仮に「最終戦」と言ってしまっても「つまるところ千秋楽」と「言い直している(ような雰囲気)」を感じる。
    千秋楽。。それは演劇などの公演の最終日、相撲などの最終戦。。
    共にこの場を作り上げてきたスタッフや参加者、会場に行けば会える友人、(ほとんどの場合)フェアに戦い続けた、ライバルであり自転車仲間━━━にとっては「最終戦」という言葉は少し無機質なのかもしれない、


    前転している方はこのあと元気に走り出しました

    行きかう人が「最終戦にふさわしいコンディション」「絶好のシクロクロス日和ですな」などと表現した今日のコースは泥、泥、泥、前日から降った雪が早朝にかけて会場に降り積もり、太陽が昇るとそれらが溶けて河原独特の土質と至高のマリアージュ、去年に続いて泥々ツルツルのコンディションとなった。。



    ホームストレート周辺がこんなに粘着質なドロドロ!
    一見ただの平坦なのに粛々と降りて歩く。。一応はレースをしているはずだが「歩く」。。今年の桂川のつらさを物語っているだろう。
    こんな桂川見たことないわ!と思って去年の桂川の記事を見たら、去年もこんな感じで同じことを言っていた。(むしろ去年のほうがすごかった)



    長い洗車の行列。。水が出るホースはこの奥にあるのだが、その洗車によってできた水溜りで洗車をするという、モッタイナイ精神の鑑とでもいおうか、さすが日本は京都での開催であるといったところ。。



    過去最高、800人を数えたというこの日のエントリー。午前に行なわれる競技者ピラミッドの底辺であるところのカテゴリーのレースでは、河原のクネクネコースにおおよそ200人の選手が一斉に出るからたいへんだ。
    ただでさえ乗れない今年の桂川のコースレイアウト、渋滞が起きて一層乗れない。。何のためにシクロクロスバイクを買ったのだろうかと自問自答しながら時が過ぎていく。



    はい
    そんな競技者ピラミッドの頂点であるところのC1のレースが始まります。
    総合ポイント的には特に見るところがない(上位表彰台争いの)ものの、そこはトップカテゴリーにまで登り詰めた選手たち、順位を狙っていくんじゃないでしょうか。



    スタートゥン


    後ろに見える黄色ゼッケンはジュニアカテゴリーの選手だが、ジュニア世代であっても、よっぽど腕に自信がない限りC4からはじめよう。



    1周目からトップに出たのは「去年までジュニア世代」中井兄弟の弟、唯晶選手だ。
    彼はこのままトップを誰にも譲ることなく独走、高校生最後のレース、進路は決まったのだろうか━━━。



    直線距離では近いのに。。
    2位争いの木村選手(前)と島田選手(後)、
    今年は異様にクネクネしていた今年の桂川、ここなんかは「あー、なんだろなー、がんばれば乗れるけど降りたほうが速いかなー、いやだなーいやだなー、」というクネクネが数回繰り返され、試走でおずおずと乗っていく選手はいたものの、やはりレースではすべての選手が長い距離を走らされた。



    しかもこの直前には階段があるけんさ!
    桂川名物の象徴的なこの階段、毎年違った存在感を示す。
    うまい人ならこの程度の階段なら結構乗っていくのだが(階段脇を)



    今年は階段へのアプローチがこれだもんなあ、「勢いよく行かないとうまく登れないキャンバーからガクンと落ちる鋭角コーナーの次に鋭角で入っていく階段」、桂川コークスクリュー、桂川のねじれ。。乗れんわ、これは乗れん。
    ここは各選手たちにとっても難所であったらしく、試走の時間には「あーでもないこーでもない」と多くの選手がトライを繰り返し、「ラインを見つけた」と言い残して前転していく者もいた。
    今年は階段を非常に有効に使いました。



    「ガチンッ」とリアディレーラーから大きな音がした石山さん、「ひゃああ。」と歓声
    チェーンステーにへばりついたチェーンを恐る恐る持ち上げる石山さん、ガチャッと元の位置に戻ったリアディレーラー、ドヤ顔の石山さん、「ああ。」「よかった。」と沸く観客
    モゲてなくてよかった━━━。



    僕が見ていた限りでは1位を独走する中井唯晶選手、上位陣は大体一周ごとにバイクを変えていた。
    泥々のコースだと泥がへばりついて重いし、フレームやブレーキとかに詰まったりトラブルの原因にもなるからきれいなバイクに替えちゃう、それがシクロクロスだ!

    替えたやつはどうするのかというと



    洗うわけ、
    洗車機が2台しかなかったから順番待ちをするチームスタッフも気が気でない。
    待ってる間に自分のチームの選手が来たら「洗えんかった」とあやまるぐらいしかできないからだ。
    一台あたり1分もかけずに泥を落としていく。



    アッ

    モゲたっモゲたなー。

    2位を走っていた木村選手、リアディレーラーがモゲて表彰台争いから脱落。。
    チェーンなどについた泥がディレーラーにガッと詰まって、そのままペダルを踏む勢いで引っ張られたディレーラーがボキッと壊れる。。
    泥のコースでは一般的なトラブルであり、シクロクロスの象徴的トラブルだ(ああいやだいやだ



    続々と周回遅れを積み上げていく中井唯晶選手。スタート52人、同一周回ゴール22人。。この日世界選手権に行っているライバルたちに「我ここにあり」と気概を示すかのような快走だ。



    3位に入った中井兄弟の兄、路雅選手、モゲても追走の木村選手の追撃も何とかかわし、「我ここにあり」と弟にアピール



    彼らがさっきまでいたコタツには誰もいない。。

    河原にコタツ!






    スピードが落ちた後続集団を縫うようにしてゴールした中井唯晶選手
    ゴール直前でラップされた選手たちの表情に浮かぶのは、くやしさか、安堵か━━━。

    続きを読む
    | 2014−15 関西シクロクロス 桂川 C1 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>