編集
ムスメミユキ
  • 2015 ジャパンカップ クリテリウム

  • 2015年10月23日金曜日 | カテゴリー:写真等


    普段は結構交通量があるこの道を14時から17時まで閉鎖してやるから。
    改めて宇都宮には感心します。



    なんかチアリーダーの皆さんも踊ったりして、「そうかそうか」とぢっと見守るみなさん。


    沿道を埋め尽くす人、人、人、屋上にも人
    いくらかとって屋上に観客席を作ったらいい(多分怒られる



    初公開!これがクリテリウムで使われたゴール計測機だ!!!!!
    下のパソコンに写真が表示されている。
    このやぐらの上にサッシャ栗村ペアの実況席があり、見ていたところ下からやぐらを揺らして「ウィー」とおちょくってたのはケイツジとハースの2人だ。



    前座レースその
    ホープフルクリテリウムだ。
    このような観客の中で行なわれるレースというと、日本ではさいたまクリテリウムとこのジャパンカップクリテリウムぐらい、このすごい雰囲気の中でレースをして将来に繋げんさいという趣旨で若手の有望株を集めて行なわれたレース。。



    数万の観客の中でいいところを見せたい若い選手たち。。



    勝ったのは小島健太さん。
    グライペルを思わせる力強いガッツポーズだ。



    ドヤア〜〜〜



    前座レース
    ガールズケイリン
    見た目はトラックレーサーだが、ブレーキつきの大通り仕様だ。



    塾の方からやってくるのは



    ワーイ選手が入場してきたぞ
    クリテリウム初年度もここらへんから選手の入場を見ていたが、その時は大通りの様子を目の当たりにした選手は「うおー、すげえ」などといった表情を見せていたものだが、もう6年目ともなると落ち着いたものである。ここで成績を残す、そこに意識が行っている。



    ウィリーを披露するマトリックスのプラデスさん。



    選手全員でキーホルダーをばらまくトレックのみなさん。



    モトスタッフのみなさんもお祭ムードだ。
    サインボードには「ウェルカム トゥ ジャパンカップ」と書いてあって、いい。



    ゆっくりと観客とハイタッチするユキヤ。
    今年は日本ナショナルチームとして出場。。





    スタート地点に選手が並ぶ。
    宇都宮本通り、パルコ前が白熱のレース会場へと姿を変える!



    スタートゥン


    これは明日勝つモレマ



    ファーストアタックを仕掛けたのはハース。ハースとアタック。
    前日に食べた餃子とほっともっとエネルギーでアタックだ。



    PARCOの前をカンチェラーラが走るという!
    なにこれ現実?だって

    だぞ??



    スタートフィニッシュ地点を見下ろすようにそびえ立つパルコ。
    右のガラス張りのところからは結構コースが見えるのでよく見ると各階に人だかりができている。



    今大会でファンの心に刻まれたシェパードという名前、ヒゲ面の23歳、



    今日2位になるスゥイフトさん
    ここはそこそこの緩やかな登りなのだけど、もはやこの集団にそのような概念はない。
    ただただ猛スピードで走り抜けるだけ、ただただ猛スピードで展開させていくだけ、



    宇都宮の空に舞うトレック風船。。



    集団をコントロールしていたのはプロツアーのみなさん、逆に言うと日本チームはもっとこう、なんかしなさい、
    プロツアーチームに混ざってひとり写るのは、やはりシェパード。。



    5周ごとに設定されたスプリント賞、ブリッツエンの2人とブリヂストンという日本人が3つとも獲ったんだけど、その時の歓声というのを聞かせてやりたいよ!
    この歓声というのは、もう現地で体感しないとわからない、クリテリウムの放送をテレビで見たけど、さっぱりだ、
    あの歓声、ちょうど大通りを囲むビルがまるでスタジアムのように反響しあい、ドオオと地響きのような歓声に包まれた宇都宮本通りよ、パルコ前よ、あの歓声を聞いてからとやかく言えよと、



    ドォォォー
    ウオォォォよ




    あっという間に終盤に差し掛かるクリテリウム、
    日が傾き始めた街中を走る集団。
    細かく逃げが出てそのたびスプリント賞は日本人が獲ったものの、本筋の優勝争いは冷静に、確実に、ゴールまでの距離を少なくしていく。。



    シェパードの壁紙作りました。



    いよいよ最終周回。。42000人の観客が、その時を待つ。。



    来たっ
    ぎゃっフミフミだ、
    ざわ。。。ざわ。。
    別府選手が来ました、
    このクリテリウム。。。!!!
    トレック。。。!!!
    ざわ。。。ざわ。。
    チームメイト。。。!!!
    総動員して作り上げてきたこのチャンス。。。!!!
    フミフミが踏む。。。!!!
    踏む。。。!!!
    後ろからはボンホフ、スウィフト、
    くー!
    踏め、踏むんやフミフミ!!!!!



    カールおじさん。。?



    ギョッ

    フミフミ勝ったーーーーー!
    もちろん今日一番の大歓声、ビルの窓割れるんやないん、パルコの窓が割れるかもしれん、
    日本人がやっとジャパンカップクリテリウムで勝ちました。



    明日勝つモレマも祝福に訪れる。



    ディディエさん(アッわし出られへん、すごい数のカメラや)



    「今日はフミフミを勝たせる」というチームトレック、シーズン最後の大作戦は見事に決まった。。



    ボンホフさんがこっちを向いてちょけている





    スウィフトにタッチしながらも、完全に気持ちは向こうにいるフミフミ



    路上インタビューのフミフミ



    そりゃトレック風船も飛ぶわな!



    レース後、コース脇に鎮座する二荒山神社になにやら人だかりが。。これはもしかして



    ああー想定内、もはや想定内。。
    フミフミを含むレース後の選手のみなさんがまたサインをしたり写真を撮ったり。。
    お疲れ様です。。



    その反対ではスカイのみなさんが



    そして両者の中央では航先生が車にサインをしている!



    17時過ぎ、交通規制解除。。



    ジャパンカップ一色の商店街
    皆さんもジャパンカップに来たらここには来ないといけません、このジャパンカップ一色感を見たら感動します。オリオン通りです。



    18時28分
    クリテリウム表彰式に集まる観客。ジャパンカップに来ている他府県民はふたつに分かれる。宇都宮市街の飲食店で飲み歩くか、表彰台を見に行くかである。



    「優勝商品は。。電化製品です!」
    「いや なんの」(ピスタチオ



    お茶目なボンホフ
    3人の視線が見事にばらばら



    「宇都宮名産『きぶな』を投げてください」
    「いやほしいんだけども」
    「後でいくらでもあげます(多分」
    「こっちに投げてくれえええ」



    このJALのマスコット「しろたん」もこのあと投げられることになる。。
    投げ集団ジェリーベリーがいなくなったから主催者側も投げることに苦心している様子だ。



    会場裏でもサイン攻めにあう



    ジャパンカップクリテリウムが始まった頃ある日本人選手が外国人選手に言われたという。。「始めはエキシビジョンレースのつもりだったけど、あんなにナイスな観客たちの前だったら本気出しちゃう」と。。
    シー ズン最後のレースとなる選手達が多いジャパンカップ、「これが終わったらバカンスじゃーーー」と選手らを本気にさせるのはやはり観客、ファンなんだよな、 選手がファンを作り、ファンが選手を作る。。そういうテンションのプロツアーチームのみなさんに日本チームやこれから世界で活躍する若手が腕試しに挑む━━━それっておもしろいよなあ、としみじみ思うクリテリウムであった、



    そういえば
    おそらく初めて宇都宮の夜に繰り出しました。
    これまでは南大門に泊まっていたので。。
    南大門に泊まるとすると、温泉に入ったあとにビールを飲みながらうどんとかを食べたいじゃないですか、したらレストランは23時までなわけ、ラストオーダーは22時半とかでしょう、でも温泉もゆっくり入りたいでしょう、したら表彰台を見たら時間的な余裕っていうのはほとんどないわけ、1回入ったら出られないし。。




    ライオンズヘッドでみなさんとお酒もいただきました。。
    このジャパンカップ、やはり日本最大の自転車イベントなわけで、全国からファンが集まるわけ、「ジャパンカップでしか会わない」という人もいるわけで、そしたら宇都宮の夜は短すぎるわけ。。

    続きを読む
    | 2015 ジャパンカップ クリテリウム | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>