編集
ムスメミユキ
  • 河原町駅で縛られる女性

  • 2016年06月13日月曜日 | カテゴリー:

    河原町駅で縛られる女性

    つい最近の話なんですけど
    わたくし、かねてから気になっていた「ノイズキャンセラー」つきのイヤホンというのを!
    ボーズの!いいやつを!買ったんです。
    ノイズキャンセルといえばやはり電車です。
    意気揚々と電車に乗り込み、ノイズキャンセルするわし。
    ムッ音が消えた。。
    消えた。。
    消えたといえば消えたけど、
    するといえばする。。
    走行音とか話し声とかけっこうする。。
    「完全な無音」を期待していた僕としては、(少々失望したと言わざるを得ない)と首をかしげたのですが、
    (ではノイズキャンセルをオフにしたらどうなるのか)とオフにしてみたら、
    まるで雑音の壁にバーンとやられたような気持ち、
    してた、こいつノイズをかなりキャンセルしていた。
    阪急梅田駅のあのー、階段のところとかすごいです。ノイズをキャンセルしたりしなかったりするたびに、
    バーンとかドーンとかいう「雑音の波」にのまれる錯覚を起こします。
    (おもえば)ミユキは思った。(人の耳とは不思議なものだ)
    人の耳は、このような雑音の中から、たとえば人の声や音楽を取捨選択し、聞き分けているのである。
    リアルタイムで、それこそ激流のように押し寄せる音という情報の「ほぼすべて」を捨てる脳の処理能力もすごい。
    (たいした脳だ。)ミユキは腕を組む。(これは、わしは天才かもしれんのう。)
    こんな耳や脳を生まれ持った自分は天才だというのである。

    | 河原町駅で縛られる女性 | カテゴリー: |
    <<次のページ  /  前のページ>>