編集
ムスメミユキ
  • 2016 野辺山スーパークロス DAY2 男子エリート

  • 2016年12月05日月曜日 | カテゴリー:16-17シクロクロス

     

    そしていよいよ二日間のラファスーパークロス野辺山の最後のレース、男子エリートが始まる。

    雨やまず!むしろ強まる!

    コースはどんどんぬかるみに。。

     

     

    ひとりづつ名前を呼ばれ並んでいくトップ選手たち

    もちろんこちらも外国の方を除けばほぼ全日本といったメンツ。

    本人たちは意識するのかしないのか、全日本の前哨戦が始まる。。

     

     

    スタート15秒前

     

     

    スタートゥン

     

     

     

     

    一周目先頭を取ったのは全日本チャンピオン竹之内選手。

    昨日は後方でレースを終えたが、今日はやるのか!

    周囲はそう思ったが━━━。

     

     

    長い上り舗装区間。先頭3人の後ろから、右に写っている横山航太選手が

     

     

    グイーン!

    ロードで鍛えた踏み踏み力で一気に前に上がる!(左に白いゼッケンが見えます)

    それに反応してガーンとついていく沢田、前田、小坂、

    ホワーイジャパニーズピーポーといった感じのギャリーさんが竹之内をマークすべきかついていくべきか迷っている。

     

     

    そしてメイン会場?に戻ってきた頃には沢田選手が先頭、ムムッ

    それにキャメロンさんと横山選手が続く

     

     

    複数名の先頭パックが形成される。

    雨で路面状況は悪くなってきているはずだが昨日よりもハイペース、

    周回数は昨日より1周多くなった(シクロクロスは序盤のタイムで周回数が決まる)

     

     

    竹之内選手はトップ集団についていくこともできず一気に後退。

    前日のレースで体調をくずしたと伝え聞く。

    早々にレースを降り、2週間後の全日本に気持ちを切り替える。。

     

     

    ランドローバーの提供でお送りしております。

     

     

    昨日2位、その夜に寝言で「ムニャムニャ明日は勝つムニャー」と叫んでいたという沢田選手

    外国の方々に囲まれてのトップ集団。

    (なんで誰もコース脇におらんのじゃろう)と一歩踏み出すと、

    ズブリ

    とふくらはぎぐらいまで一気に沈み込む。

    (アッ)

    ミユキさんの頭に底なし沼のイメージが浮かぶ。

    (あっこれは先に進むと帰って来れなくなるパターン)

    コース脇に誰もいない理由を噛みしめながら引き返す。。

     

     

    この泥なので、頻繁にバイク交換を行なうレースとなりました。

     

     

    ピットは大混雑です。

    ピットで数秒を失うことは簡単ですが、コースで数秒を取り戻すことは難しい。。ピット作業も重要なファクターの一部です。

     

     

    ちょっと待ってください。

    バイクを交換してどうするんですかというと、選手が走っている間に洗うんです!

    泥にまみれたままだと泥が詰まってトラブルの原因になりますし、重いし、いいことはありません。

    何台もある高圧洗浄機はフル稼働、ピットエリアはてんやわんやの大騒ぎです。

     

     

    僕なんかはこの様子を見て(かっちょいい)と思うのですが

    シクロクロスを知らない人が見たらどう感じるのか━━━。

    蓼食う虫も好き好きですね。。

     

     

    泥の中を行く。。しかしここらへんはドロドロだがズブズブ系ではない。下の方はまだ凍っているのかもしれない。。

    今年の泥はどちらかというとシャバシャバ系、例年のようにまとわり着くことはなく、ディレーラーがもげてる人を見たのは1回だけだった。

     

     

    ぎゃっキャメロンさんが単独で前に出たか

    と思ったら

    もしかして

     

     

    先頭が入れ替わってるーーーーーっ?

    負けじと沢田選手も着いていく

    ウム

    全全全開で進むトップ争い。。

    いいね!

     

     

    いいのに。。

    前日からの大雪や氷点下二桁、天候不良もあってか、早く帰る人、来ることをあきらめた人、観客は例年より少なく感じた。

    やはりシクロクロスは前日に大雨が降って当日は晴れぐらいが一番いいと思います。

     

     

    レースはすごくいい感じなのに。。

    極限の負荷の中で一瞬のミスが勝敗を分ける、まさにナイフのエッヂを行くようなレースだ!

     

     

    「速い」「速すぎ」

    ハイペースなレースに80%ルール(先頭から大きく遅れたら強制終了)を適用され続々と選手達がコースを去っていく。

    選手の体から立ち上る湯気、その背景にはレース中盤、むしろペースを上げる二人。。

     

     

    このふたりでレースは決まるのか━━━!?

     

     

    と思えば4位まではこの舗装路区間で見える範囲

    いいね!

     

     

    昨日は勝ったが今日は後方へ下がった小坂選手。疲れか、地元宇都宮で行なわれる全日本へ気持ちを切り替えたのか、どうなのか。

     

     

    ウム沢田選手が先頭かと思いきや

     

     

    瞬きをしたら先頭が入れ替わってるーーー!!?

    先ほどまでのキャメロンさんに代わって沢田を襲うのはギャリーさん

    いいね!

     

     

    前前前日から勝ちを求めていた沢田選手

    神ってる雨の中の熱いレースを観客たちはあたたかい屋根の下で見守る!

     

     

    最終周回、最後の舗装路区間で先頭3人はこの感じ、いいね!

     

     

    舗装路区間の向こう側はメイン会場からは見えない。

    メイン会場へ戻ってくるコースに観客の視線が集中する。。

    グギギ

     

     

    ぎゃっ

    まだこの3人の接近戦でした

     

     

    グギギ

    行け

    行くんやタイム君!

     

     

    グギギ

    ひとっ飛びすれば前に出れそうなもんだが、もうみんな出し切ってるからわかっちゃいるけどなかなかいけません。

     

     

    降りて走るチョイスと多少大回りになっても乗ったまま行くスタイル

    どっちが正しいのか

    速さとしてはどっこいどっこいなような、降りたほうが速いような、グギギ

     

     

    「ムッ隙ができたっチャンス!インから前に出ちゃえ」と思ったら詰まって失速、自分が足をつくハメに、グギギ

     

     

    ヒイヒイと死屍累々の先頭3人、少しのミスがそのまま順位を変えてしまうグギギ

    ゴールまで100mもないかもしれない、最後の最後の攻防だ、

     

     

    ホラッ

    いうてたら先頭のギャリーさんが転倒!

    よし!

    いや

    ムムム

    人のミスを喜ぶというのは

    やはりあまりかっこよくないかもしれないが

    これもまたレース、これもレースよ、

    見事なレースであった、

    ギャリーさんもよくやったと思いますよ、

    一度のミスが勝敗を決するというのは

    まあなんとも残酷なものですが、これがレース

    これがレースなのですよ。。

     

    この間0・1秒

    行くんやタイム君っ

    しかし行けるラインもなく、ラインを作り出す体力もなくて後ろで待つのみ、グギギ

     

     

    最終コーナー

    グギギ

     

     

    最後のスプリント!

    草が残るギャリーさん側と泥になっている沢田さん側、どっちがよかったのか。

    泥よりは草のほうがよかったのかもしれん。

     

     

    グギギ

     

     

    ギャーッ

    ギャリーさん勝利。。

     

     

    ゴール直後、崩れるように倒れこむ沢田選手

    いいね。。!

     

     

     

     

    昨日選手らが表彰台で凍えていたのを受けてストーブを持ってきた二日目。

    そのストーブが動かなくて結果的に寒空の降りしきる雨の中、選手らを待たせることになってグギギ

     

     

    プレスと(プレスでさえ帰る)関係者ぐらいしかいないのではないか表彰式

    レース後の風景としてこれは寂しいぞ!

     

     

    あっはい

    〆のヤキイモをいただきました。。トロトロでした。。

    やきいもがここまでトロトロになることってある?

     

     

     

     

     

    おつかれさまでした。。

     

    他の写真も見ます。

    | 2016 野辺山スーパークロス DAY2 男子エリート | カテゴリー:16-17シクロクロス |
    <<次のページ  /  前のページ>>
    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.