編集
ムスメミユキ
  • アルベルタフェレッティを着た女性と戦闘機

  • 2016年12月16日金曜日 | カテゴリー:

     

    サイクリングウェアを作っていることでも有名なブランクツーですが、これは軍需製品部門のブランクツーのポスターとなっております。

    「YF-22よりYF-23のほうが好きだった」

    というブランクツー社長マーッル・マールの意向により開発されたMF-5はYF-23のような外観を備え

    「やはり昨今の戦闘機は垂直離着陸ができないと」

    ということでF-35に続く垂直離着陸ステルス戦闘機となりました。

    「 垂直離着陸ステルス戦闘機という言葉の響きがかっこいいと思う。ロマンがあふれていると思う。」

    マーッル・マールはいいます。

    画像の背景に見えているのはカナード翼を備えることで低高度低速度での機動性を確保したMF-5Jであると思われます。

    「背面にたくさん着いているチャフ・フレアーディペンサーには後悔している。」

    「今年の絵は変な妥協をせず描けてきたつもりだが、これはミスだよ。蛇足だね。」

    前面に書かれた言葉は中国のことわざで、前には 萬句言語吃不飽 ときます。

    萬句言語吃不飽、一捧流水能解渇。

    万の言葉は飢えを満たせないが、ひとすくいの水は渇きを癒すことができる。

    なんともアイロニックな一説です。

    | アルベルタフェレッティを着た女性と戦闘機 | カテゴリー: |
    <<次のページ  /  前のページ>>