編集
ムスメミユキ
  • 2016 関西シクロクロス 第6戦 びわこマイアミランド CL1 CM1 

  • 2016年12月21日水曜日 | カテゴリー:16-17シクロクロス

     

    昼ごはんには照り焼きバーガーをいただきました。

    C1の次には関西一速いおっさんを決める40歳以上男性のトップカテゴリーCM1 、

    それに時差スタートの女子トップカテゴリーCL1が続きます。

     

    緊張感あふれるCM1スタート。

    「おいミユキがいるぞ、ブログに載るかもしれん。」

     

     

    「ウェーイ」

    こんな遠い画角な上にぶれててそこはもう本当にごめん

     

     

    CM1の最後尾でぴょんぴょん跳ねたり、バイクに乗ってグルグルしたり、子どものように落ち着きがない男がいる。

    「黒い人」と皆が名前を言うことを避ける(避けてない)、シクロクロス、というか日本自転車界のレジェンド、マサヒコミフネ。

    久しぶりのレース参加に興奮が隠せない。

     

     

    「黒い人」の横でひとりちょけたバイクを持ってきてしまったニョロニョロ巨匠、どうもバツが悪そうである。

     

     

    スタートゥン

     

     

    はい その1分後にスタートするのはCL1。こちらも先週日本一になった坂口聖香(きよか)選手が来マイアミ。

    男女日本一が揃うマイアミ、びわこのほとり。

     

     

    スタートゥ

     

     

    はい

    やはり最初の砂浜で後ろに大きく差をつける坂口選手

     

     

    「何とか坂口選手に喰らいついていきたかったが速すぎた」と表彰台でレースを振返った宮内選手

     

     

    1分前にスタートしたおっさんたちを最初のメイン砂浜=コース半周ぐらいでせっつき始める坂口選手。

     

     

    序盤でCM1先頭を走っていたのは中野選手、

     

     

    そこからひとりふたりと遅れて、1位になる藤井選手と2位になる大河内選手がいる集団だ。

     

     

    その後ろから「黒い人」がせまる。。!

    1周目で大体真ん中ぐらいの順位まで上がってきた。どうする、このまま先頭まで行くのか━━━。

     

     

    斜陽の中を独走する坂口選手

    (しかしほんまに醜い砂浜じゃ)

    とミユキ。

    (波に削られたこのキワ、いかにも簡単に崩れそうじゃ)

    と足で踏んでみたら、ドサッと崩れてコースのラインが消える。

    (わたしは何も見なかった)

    とその場を離れるミユキ━━━。

     

     

    そんなこんなしてるうちにCM1先頭に藤井選手が迫る。。

     

     

     

    速い選手あるある:ピントが合わない

     

     

    そんなこんなしてるうちについに先頭に出る藤井選手。

    「おまたせ。。」と吐き捨て抜き去ったという藤井選手、ニヤつきを隠せない。

     

     

    「全日本は勝ったもののいいレースができなかった。」

    と表彰台で語る坂口選手。

    「今日は落ち着いていいレースをしようと思った。」

    と危なげなく単独一位で優勝。。

     

     

    「今日は上位になる人が3〜4人欠席だから今日は狙っていた。」

    とポジティブなのかネガティブなのかよくわからない緊張感に包まれていたCM1、

    「黒い人」が乗り移ったように実直に踏み続けた藤井選手が逆転勝利。

     


    くやしい

    くやCS-SPEED

     

     

     

    他の写真も見ます

    | 2016 関西シクロクロス 第6戦 びわこマイアミランド CL1 CM1  | カテゴリー:16-17シクロクロス |
    <<次のページ  /  前のページ>>
    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.