編集
ムスメミユキ
  • 2017 シクロクロス東京 エリート女子

  • 2017年02月14日火曜日 | カテゴリー:写真等

    早咲きとして有名な河津桜は春を待ちわびるように咲き始めていました。

     

    はい

    ということで先日行なわれました

     

    2017シクロクロス東京

     

    に行ってきました。

     

    3年前は大雪、

    2年前は雨、

    去年は風(レース前に暴風雨)

    昨今は天候が荒れた印象の強いシクロクロス東京ですが、第6回目の開催となる今年は土日の開催日ともに、初開催の日のような晴れ。2月らしい寒さはあるものの、穏やかな天候に恵まれました(風はそこそこありました)。

     

     

    土曜日の昼には六厘舎の東京スカイツリー店でつけ麺をいただきました。

    全国に広がる魚粉スープのつけ麺文化の源流といってもよい六厘舎、たしかにどっしりと構えた濃厚スープ、それに豚ほぐしをいれますと、それが媒介となって、太麺に一層スープがからみつきます。

    僕は10時半の開店からすぐに行きましたら、10分ぐらいで外には人が並び始めていました。

    っていう話誰が興味あるねん。


    シクロクロス東京2017

    会場に着くと曇ってきた

     

    会場に着くとなぜかサイクルジャージを着た人たちが特に自転車を持つこともなく走り回っていました。

    ウォーミングアップでしょうか?違います。サンドイッチエンデューロという、「ランニングとシクロクロスを混ぜた競技」です。最初の10分ぐらいはものめずらしさに観客が沸きましたが、まあ、あのー、正直そんなにですね。。

    わざわざ言わなくてもほとんどの人がかなりランするからね。。

     

    シクロクロス東京2017

     

    はい

    酒類を飲みながらレースを観戦するのがシクロクロスです!

    太陽が出ると温かいですが、雲が太陽を遮るととたんに冷え込む会場、なかば意地になってビールを飲みます。

    消耗品であるビールですが会場では一杯5、600円、やはり近所のコンビニに頼ってしまうのが酒飲みの性で。

    会場で買うビールはいわばシクロクロス東京応援、いわば寄付といったこころもちで、わかっていただける方は多いと思います、

     

    シクロクロス東京2017

     

    土曜日の夜は味噌一の味噌ラーメンをいただきました。

    濃い味噌のスープはよく麺にからみ、しっかりと存在感をもちつつも抜けていくようなさっぱりとした後味のスープは、これぞ味噌ラーメンといったところ。

    スープはよく野菜にあい、チャーシューは正直ぱさぱさで味気なくいまいち、チャーシューよりは野菜を多くしたらよかったといったところ。

     

    シクロクロス東京2017

     

    はい

    そしてメインイベント、日曜日━━━。

    今年も南千住に泊まりましたが、さあ行くかと駅に向かったらまさかの運転見合わせ。

    「まさか、せっかく東京まで来て、会場に着かずに終わるのか。」

    と焦りましたが、そこは東京です。ひとつの線が止まっても、他にいくつも線があるのじゃよ!

    これが他の会場だったらそうは行きません。ひとつの選択肢が減ったら、あとはタクシーを呼ぶしかありません。

    そもそも公共交通機関でいける会場はそうありません。タクシーという概念がない地域というのもザラです。最悪の場合、遭難の危険性さえあります(言いすぎ

     

     

    はい

    ゆりかもめお台場海浜公園(今回わたくしこれで来ました)より足早に3分程度、りんかい線東京テレポート駅(悪天候でも動くたよりになるやつ)より全力ダッシュで3分、シクロクロス東京会場です!

    見えているのは会場のメインゲートでもあるフライオーバー、いわゆる立体交差です。ゴーゴーと選手らが走っているコースの下をくぐり入場するのは、やはりなんともいえぬ高揚感があります。

     

    シクロクロス東京2017

     

    なんやその世界観

     

    シクロクロス東京2017

     

    お台場といえばフジテレビのお膝元。ガチャピンさんも参加されていました。

    これはこれから始まる男女エリートの前座的レース、エンデューロ、いわゆる90分耐久レースです。思い思いのコスプレをして走る人もいて見る目にも華やかです。

     

    シクロクロス東京2017

     

    こちらは機動性に優れたガチャピンです。

     

    シクロクロス東京2017

     

    90分耐久レースは一人で走る物好きもいれば、仲間と何人かで交代で走るチームもいたりと、ピットはにぎわいます。

    真ん中に先生が見えます。

    奥にカオナシも見られます。関西シクロクロスのくろんど池でも観測されているカオナシですが、東京のものはヘルメットが露出している亜種とみられます。

     

    シクロクロス東京2017

     

    フライオーバーというとイキッてる人がジャンプを披露したりして観客をわかせるポイントともなっています。

    ジャンプしたら

    「立体機動!!!」

    とか言えたのに。。

     

    シクロクロス東京2017

     

    ストームトルーパーはシクロクロス戦闘には向いていなかったようである!

     

    シクロクロス東京2017

     

    何らかのトラブルを抱えたカオナシ。

    復帰を試みるも、なかなかうまくいかない。息が上がっているのと、狭い視野が原因か。垂れ下がってくる黒いマントがじゃま!

     

    シクロクロス東京2017

     

    「ああー」とうめきながら走る。

    カオナシのモノマネだろうか、純粋なため息だろうか━━━。

     

    シクロクロス東京2017

     

    先生逃げて!

    絶滅したかと思われていたガングロギャルに追われる先生。

     

    シクロクロス東京2017

     

    そんなことをもうしておりましたら、

    会場から富士山が見えることに初めて気がつきました(中央右)。

    多分初めて気がついたと思う。。前に気付いていた気もしなくはない。。

     

     

    そんな様子を見ながら会場はお昼ごはんタイム。

    すこやかに晴れ渡った青空の下、これから始まる熱い戦い(の観戦)に備えて英気を蓄える。

     

    シクロクロス東京2017

     

    はい

    いよいよ女子エリートの始まりです。

    ワーイ全然いいところで見えん。前々から場所取りせんとスタートをいいところで見れん。いいね!

     

    シクロクロス東京2017

     

    スタートゥン

     

    第1コーナーでホールショットを取ったのはエミリー・カチョレク選手だが砂浜に入ったところで失速。

    そこを早々にバイクから降りてランに入っていた今井選手が抜けて先頭に出る!

     

    シクロクロス東京2017

     

    見てるかフジテレビ

     

    シクロクロス東京2017

     

    1位を走る今井選手に会場のテンションも上がる。

    全日本チャンピオンの坂口聖香選手が欠場する中で日本人の意地見せてやれよ!

     

    シクロクロス東京2017

     

    砂浜を囲むようにして作られたコース、その中で観戦する観客。

    「行き」を見た後は「帰り」を見ようと選手が通り過ぎるたびに民族大移動。

    選手がちらばってくるレース中盤は結構ばらつきが見られるようになる。

     

    シクロクロス東京2017

     

    最初のフライオーバーも1位で抜ける今井選手だが、

     

    シクロクロス東京2017

     

    1周を終えたシケイン後にはルーシー・シェネル選手が今井選手をぴったりとマーク。。

    2013年シクロクロス世界選手権3位を始め、世界選手権10位圏内に入ること幾度も(今年は18位)の実力者。

    手足がすらりと長い。。この「バイクに乗ってる」感。。

     

    シクロクロス東京2017

     

    シクロクロス東京2017

     

    このレースで3位、日本人1位に入る唐見選手はこの時点で10位ぐらいといったところ。

     

    シクロクロス東京2017

     

    2回目の砂浜区間でシェネル選手が前に出る。

    そしてこのまま最後まで単独1位逃避行が始まる。速い、やっぱり速い。。

     

    シクロクロス東京2017

     

    全お台場の男子の「ひゃん」とさせたのはサミ・ルーネルズ選手の胸元だ。

    どういうつもりでこんなインナーをお選びになるのであろうか。機能性は優れていないと思う。ワンピースの膝上が高いのもいいですね。これはムスメミユキさんの昨今の絵でも見られるトレンドですね!このインナーはムスメミユキさんの絵にも近々反映されるはずです!

     

    シクロクロス東京2017

     

    そんな女子のレースを見ながらウォーミングアップを始める弱虫ペダルチームのふたり。

     

     

    JCX2016-2017女子総合優勝を獲った武田和佳選手は4位という結果になりました。

    今シーズンはテレビでの露出もあり、それでシクロクロスを知った人もいるかもしれないですね、あの番組はTBSでしたっけ、

    見てるかフジテレビ

     

     

    他の女子選手がことごとくバイクを降りていくところでも、唯一シェネル選手だけは乗車で越えていく。

    これが世界選手権「10位圏内」。。今年は18位。。

    この人よりダンチで速い人が何人もおるんか、ははあ、と考えてしまうミユキさんです

     

    シクロクロス東京2017

     

    (見えるじゃないか、横から見えよるんじゃないか。。)

    (そんな目で見ちゃいけん)

    (じゃけどのー見よーがそういう目で。。)

    (直接声に出さんじゃったらええんよ、思うだけじゃったらええじゃろうが。。)

    (見えんの。。)

    (見えん)

     

    シクロクロス東京2017

     

    スタートは出遅れたものの、周回を重ねるたびにラップタイムを上げていった唐見選手だ。

    現在3位の武田和佳選手をロックオン━━━。

     

    シクロクロス東京2017

     

    ファイトですガンバです

     

     

    最終周回

    木漏れ日の中を独走するシェネル選手、最終周回で大会ファーステストラップを出す余裕。。

     

    シクロクロス東京2017

     

    ピースピース、

     

    シクロクロス東京2017

     

    あっ指一本バージョンもしておこう、1位だしな。。

     

    続きを見る

    | 2017 シクロクロス東京 エリート女子 | カテゴリー:写真等 |
    <<次のページ  /  前のページ>>