編集
ムスメミユキ
  • ボルダリングをする女性

  • 2019年04月17日水曜日 | カテゴリー:

    ボルダリングをする女性

     

    はい

    最近見た映画です!

     

    プーと大人になった僕

    この世界の片隅で

    アリータ

    ファーストマン

    犬神家の一族

    バチカンで会いましょう

     

    前までは「よかったかそうでもないか」という気持ちで〇と×をつけていたのですが、

    (そもそも人ががんばって作りよったモノに特に何も言及せず「〇」だの「×」とだけつけるとはぶしつけである)

    とかねがね思っていたので、つけないことにしました。

    嫌いじゃなくて好きで語れよ!ということで、この中でのおすすめというと、「この世界の片隅で」はよかった。

    よかったというかねえ、考えさせられるというか、まあ、よかったですねえ、

    第二次世界大戦末期の広島を舞台にしたアニメ作品で、ほのぼのとした絵柄と朗らかなキャラたちが広島の「その日」に一日一日近づいていく様子が、丁寧に、やわらかく描かれ、だからこそ強く(なにやってんだ人類)と深く考えさせられる作品でした。

    印象的だったシーンは、登場人物の中でも抜群にのほほんとした性格の「すずさん」が「玉音放送」を聞いたときに激怒したところです。すずさんが声を荒げたのはそのシーンだけなのではないか。もちろんそれは「アメリカなんかに負けるな、勝つまで戦争じゃ」という怒りではないのでしょう、では、何の怒りなのであろうか。たぶん「戦争のために多くを我慢して、多くを失ったのに、みんながんばったけど負けました、で終わりかよ」という、だからといってどうこうできるわけでもない、やり場のない怒りだったのかもしれない。

    もうすぐ平成が終わります。

    平成は少なくとも日本がどこかに爆弾を落としたり、日本に爆弾が落ちたりするような戦争が起きることなく、終わることができました。

    本当によかったと思います。。

     

    | ボルダリングをする女性 | カテゴリー: |
    <<次のページ  /  前のページ>>
    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.