編集
ムスメミユキ
  • 2020描き初めの女性

  • 2020年01月17日金曜日 | カテゴリー:

     

    2020年描き初めの女性です。

    去年より始めましたボルダリングが題材ということになりました。。

    今年はいよいよ東京オリンピックの年です。その中でも日本の金メダル最有力候補のひとつが、男女のスポーツクライミング(今回のオリンピックではスピード、ボルダリング、リードの総合点で順位が競われます)と言えるでしょう。僕としては、チケットは一次抽選は落ち、二次抽選は締切を逃し不参加、あとは一般発売を残すのみとなりましたが、今年2月に開催されるボルダリングジャパンカップ(日本人しか出場しない)でさえチケットが売り切れという話も聞く中ですから、自宅観戦が濃厚であると言わざるを得ません(ライブ放送するのか?スポーツクライミングは金メダル候補なのできっとするはず、NHKがBSでワールドカップ放送したりしてるからするはず、してください。)。

    ただ、なんかのついでに見に行けたらいいな、と応募した女子75キロ重量挙げのチケットは当たりましたから、現地観戦をすることはとりあえず確定していますので、オリンピックの雰囲気を少しでも感じられたらと思う次第です。

     

    そして、毎年恒例となっているおみくじに書かれていた短歌的なものを絵に書くコーナーですが、今回は上賀茂神社で引いたおみくじに書いてあったものです。

     

    吹く風に

    沖への波の

    高けれど

    心静けき

    我が港かな

     

    と書いているつもり。

    「なんか自分というものを持って、なんか先祖とか周りの人に感謝して生きていれば、なんか周りが嵐でも、自分というものをもって、そう焦らずにいれば、なんかいい感じになるんじゃないの、」という意味だそうです。(中吉)

    自分を持つということは、簡単そうでいてとても難しいものですね。僕は幸いにも、できるできないは別として、子供の頃よりずっと続けている「絵を描くこと」があります。今年は今一度、しっかりと足元と、その先を見据えて構える年なのかもしれません。

    今年もよろしくお願いいたします。

     

    | 2020描き初めの女性 | カテゴリー: |
    <<次のページ  /  前のページ>>
    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.