編集
ムスメミユキ
  • 制服の下にチャイナドレスを着る女性

  • 2017年03月20日月曜日 | カテゴリー:

    制服の下にチャイナドレスを着る女子高生

     

    「制服の下にチャイナドレス着たらどうかなあ。」

    さすがは2月生まれのO型です。独創的なアイデアです。

    しかしながら、実際にしてみたら、おそらく、かなりゴソゴソするはずです。

    「さすがに無理違うか。」

    「ワンサイズ大きいのを着ればいけるはずだ。」

    そしてこのあと「制服の下に着ないようなものを着るシリーズ」が2枚続きます。。

     

    さすがは2月生まれのO型です。 。

    | 制服の下にチャイナドレスを着る女性 | カテゴリー: |
  • 嵐電の前で手をつなぐ姉妹

  • 2017年02月23日木曜日 | カテゴリー:

     

    最近、文字媒体で「きょうだい」という文字をよく見る。

    主に二親等内に男女が含まれている場合をさして、おそらくは男女平等的な観点から、男属性しかない「兄弟」をひらがな表記しているのではないかと思うのだが、どうも釈然としない!

    どこに釈然としないのかと言われれば、正直そこまで釈然としないわけではないが、

    なぜいきなりひらがななのか!ひらがなにしたら、象形文字ではなく「ただの音」にしたら、多少和らぐであろうというその安易で無責任な考えに!釈然としないわけである!そもそも「きょうだい」は「兄弟」である!結局のところ男である!

    ここはひとつ「先に生まれた人」を優先するという考えが一番角が立たないのではないか。

    女が先に生まれたら「姉弟」と書いて「きょうだい」と読ませるという按配である。

    男男女なら、やはり最初と最後を取りたいところである。「兄妹」と書いて「きょうだい」と読ませてはどうか。

    「なんできょうだいやねん、しまいはどこにいったのか」と言われそうなので、やはりここも一番上が優先で、女が先なら「姉弟」と書いて女属性の「しまい」と読めばいいのではないか!

    女男女とかだと迷うところではあるが、ふたつとも女属性にするのはやはり角が立つので、やはりここは男女平等に「姉弟」と書いてはどうか。

    うむうむそうかそうかと調べていたら、そもそも日本語には「兄妹」と書いて「けいてい」、「姉弟」と書いて「してい」と読む言葉があり、そもそもそれらを「きょうだい」と読んじゃうようなこともあるという!

     

    そういうことである!

    | 嵐電の前で手をつなぐ姉妹 | カテゴリー: |
  • 2017 シクロクロス東京 エリート女子

  • 2017年02月14日火曜日 | カテゴリー:写真等

    早咲きとして有名な河津桜は春を待ちわびるように咲き始めていました。

     

    はい

    ということで先日行なわれました

     

    2017シクロクロス東京

     

    に行ってきました。

     

    3年前は大雪、

    2年前は雨、

    去年は風(レース前に暴風雨)

    昨今は天候が荒れた印象の強いシクロクロス東京ですが、第6回目の開催となる今年は土日の開催日ともに、初開催の日のような晴れ。2月らしい寒さはあるものの、穏やかな天候に恵まれました(風はそこそこありました)。

     

     

    土曜日の昼には六厘舎の東京スカイツリー店でつけ麺をいただきました。

    全国に広がる魚粉スープのつけ麺文化の源流といってもよい六厘舎、たしかにどっしりと構えた濃厚スープ、それに豚ほぐしをいれますと、それが媒介となって、太麺に一層スープがからみつきます。

    僕は10時半の開店からすぐに行きましたら、10分ぐらいで外には人が並び始めていました。

    っていう話誰が興味あるねん。

    続きを読む >>
    | 2017 シクロクロス東京 エリート女子 | カテゴリー:写真等 |
    次のページ  2/118  前のページ |